ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

素直に生きられる自分の居場所

自宅の隅に落ちていたカラスウリ

「どうしておじさんと結婚したの?」先日、小学生の姪に聞かれました。

 
「そうだなぁ、一緒にいると楽しいからかな。」

鋭い質問に一瞬驚きながら、私はそう答えました。


結婚して間もないころ、夫のブーさんの友人にも同じ事を聞かれ

「私に多くを求めないから」と答えたこともあります。


スポンサーリンク

 

 

結婚前の約10年間、私は実家で療養生活を送っていました。

大学進学をきっかけに離れ、戻った実家。

療養生活の間、そこに居場所を見つけることはできませんでした。

母は私に寄り添い、共に病と闘ってくれましたが、私はいつも孤独を感じていました。

 

雨上がりの道

結婚後、生活の場だけでなく仕事も一緒になったブーさんと私。

最初は慣れない仕事と家事で緊張の連続でした。


あたふたと失敗の多い私を、ブーさんは温かく見守ってくれます。

「気が利かないでごめんね」と謝れば、「オレがやればいいんだから大丈夫」。

「おかずの量が少なかったかも」と謝れば、「おかずが無ければ卵かけごはんだっていいんだよ、大丈夫」と笑います。


優しい言葉のおかげで少しずつ緊張がとけ、仕事と家事に慣れ、毎日が楽しくなりました。

2人でほめ合い、お馬鹿なことを言い合って大笑い。

そして、いつも感謝の気持ちを忘れないブーさんの影響で、自然と「ありがとう」ということが増えました。
 

頑張らずに自然と笑顔で過ごせる毎日。

この生活こそが自分の居場所なのだと、日々感じています。