ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

お金を増やす7つの方法。節約・投資・お金の勉強を続けています

お金の勉強

私はわが家のお金を増やす係です。

 
私は体力がないため、週に5日フルで働き続けることができません。

でも、早期リタイアの夢を叶えたい。

お金を増やそう!

今回は私が続けている「お金を増やす方法」について書いていきます。


スポンサーリンク

 


目次

  

節約からスタート(家計簿・クレジットカード)


まずは家計簿をつけて家計を見直し、節約できる部分を探しました。

すると、食事関係の出費が多い……

おやつ費の目標を月3000円に設定、外食の回数を減らしました。


また、ポイント還元率の高いクレジットカードリクルートカード楽天カード)を作り、普段の買い物と税金の支払いに使用。

たまったポイントを趣味の温泉旅行に利用し、旅費を節約し始めました。


リクルートカード

⇒ 楽天カード 
 

www.bu-kirin.com

 
▽家計簿アプリもありますよ。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)
マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

  

金利が高い!ネット銀行


節約を始めると同時に、金利の良い ネット銀行 に口座を開設しました。

それまで、ゆうちょ銀行と地方銀行しか利用したことがなかった私。

ネット銀行は敷居が高く、怖いイメージを持っていました。

しかし、使い始めるととても便利。

振り込みもネットで簡単にできます。


何といっても、金利が高いのがうれしい!

現在は金利が高い「楽天銀行」を「楽天証券」と合わせて使っています。

楽天ポイントが簡単に貯まります。

楽天銀行(公式サイト)


スポンサーリンク

 

 

投資デビュー

最初は社債投資


さらに「お金でお金を増やそう」と考え、投資デビュー。

株式投資には怖さを感じるため、比較的リスクの少ない社債投資を始めました。

選んだのは、利率が良くて人気がある「SBI債」。

申込みをして当選すると買えるのですが、なんと夫が当選!

働かずにお金が増えました。
 

投資信託の積立投資


社債投資に成功したことで、国内の個別株投資の勉強を始めました。

しかし、私には株は向いていないようです。

知識がない私には企業の情報を分析しきれず、仕事中に値動きが気になってしまいます。

そこで、市場全体に簡単に投資ができ、基準価格は1日に1つしかない「投資信託」を選びました。

毎月コツコツと自動的に積立投資をすれば手間いらず。

現在は、つみたてNISA個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用して、節税もしています。 


私はセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」で老後のお金を準備しています。

セゾン投信株式会社(公式サイト)

www.bu-kirin.com
 

IPO投資


国内の個別株投資は無理と判断しましたが、「ある程度予想できるIPOならば大丈夫だろう」と、恐る恐る始めました。

IPOとは新規公開株。

IPO投資は簡単に言うと、上場する前に安く株を買い、上場後に売る投資です。

当選しないと上場前に買えないので、最初は落選ばかりでした。

しかし、しぶとく続けて 2017年は年間100万円以上の利益。

今でもコツコツと続けています。 

www.bu-kirin.com
 

FP資格の取得


気になっていたFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取得しました。

FPの勉強では、年金・保険・税金・相続など、身近なお金の知識が身につきます。

私は20年ぶりの本格的な勉強に最初は苦戦しましたが、3級・2級ともに1回で合格しました。

FPで得た知識は生活の中で活用し、効率の良い保険の選び方、節税の方法などを家族に教えてます。 

www.bu-kirin.com
 

私のお金を増やす方法まとめ


私のお金を増やす方法は次の7つです。

・家計簿をつけて無駄な出費を減らす

・還元率の高いリクルートカード楽天カードを生活費と税金の支払いに使って節約。

・金利が高い「楽天銀行」を「楽天証券」と合わせて使い、楽天ポイントを獲得。

・社債投資

・投資信託の積立投資(セゾン投信SBI証券でつみたてNISA、SBI証券 iDeCo

・IPO投資

・FP資格を取得してお金の知識を得る

 
早期リタイアの夢がかなっても、私の「お金を増やす係」は続くでしょう。

リタイア後は、取り崩し方にも工夫が必要。

生活と趣味を楽しみながら、お金の勉強を続けていこうと思います。


▽投資信託の積立投資について大変勉強になる本です。

関連記事 

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com