ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

花曇りの一日

葉が顔を出した、わが家の桜

みずみずしい葉が顔を出した、わが家の桜。

 

澄みわたる青空の下で桜を見たい。

しかし、願いは届かず、薄曇り。

 

薄曇りの桜

 

空は、白と青のグラデーション。

薄曇りの桜

 

少しずつ深まる青。

薄曇りの桜

 

午後、雲が次第に厚さを増します。

くもり空の桜

 

白い空。

くもり空の桜

 

桜の影絵。

くもり空の桜

 

空は暗くなっていきます。

くもり空の桜

 

雨続きの毎日。

やっと晴れたの日の桜が撮れると飛び起きたら、薄曇り。

花曇り・花散らしの雨という言葉があるように、桜の季節は雲と雨がつき物。

「くもり空の、しっとりとしたグラデーションも悪くないな」

倉庫の2階の窓から桜を見て、そう感じました。