ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【IPO】当選したアセンテックの初値は?

IPOアセンテックの初値

IPOで当選した「アセンテック」が4月25日に上場しました。

 

私たち夫婦は、2014年からIPO(新規公開株)投資をしています。

今年は、3月の「ユーザーローカル」に続き「アセンテック」に当選しました。

いつも落選ばかりなので驚いています。

今回は ユーザーローカルの初値と初値売りで得た利益について書いていきます。 


スポンサーリンク

 


目次

 

アセンテックの初値予想 


IPO主幹事のSBI証券で「アセンテック」100株当選しました。

公募価格は 2,000円です。

北朝鮮のミサイル・核実験、そして4月25日上場当日は朝鮮人民軍創建85周年など、
地政学リスクが渦巻く中での上場です。

初値予想は「4,600~5,000円」が多く見受けられました。


※初値が4,600円の場合の利益

(4,600円-2,000円)×100株=260,000円

今回はSBI証券のNISA口座を利用するため、国内株式手数料無料で 260,000円の利益になります。

税金(20.315%)も引かれずうれしいです。

 

上場初日の上限は4,600円 


4月25日上場初日、アセンテックの気配運用は以下の通りです。

  1. 上限方向:4,600円まで(更新値幅100円・10分間隔で更新)
  2. 下限方向:1,500円まで(通常の更新値幅・3分間隔で更新)


買い注文が多数の場合、初値成立まで公募価格の2,000円から10分間隔で100円ずつ値が上がります。

値が上がり続けた場合でも、初日の上限は4,600円です。

 

上場初日の結果


アセンテック、4月25日の上場初日に初値つかず

初日の最終気配値は4,600円でした。

  • 買い注文:334,600株
  • 売り注文:145,100株

売り買い差約2.3倍という圧倒的買い越しで終了しました。


朝8:15頃に気配値を見たとき「今日は寄らないな」と思いましたが、何が起こるかわからないのでホッとしました。


スポンサーリンク

 

 

2日目の気配運用 


4月26日、上場2日目の気配運用は次の通りです。

  1. 上限方向:10,580円まで(更新値幅230円・10分間隔で更新)
  2. 下限方向:3,450円まで(通常の更新値幅・3分間隔で更新)

注文受付価格の範囲:1,150円~18,400円


買い注文が多数の場合、初値成立まで4,600円から10分間隔で230円ずつ値が上がります。

また、2日目は即金規制(約定代金の即日徴収等)が入ります。

初日終了時点での初値予想は「5,500~6,000円」が多数見られました。

 

上場2日目の結果


上場2日目もカイ気配でスタート。

差し引き18万株程度の買い注文を抱えていました。


初値がついたのは午前9時56分。

公開価格2,000円の2.98倍、5,950円でした。


スポンサーリンク

 

 

アセンテック売却結果


成行注文でいつも通り「初値売り」しました。

SBI証券NISA口座アセンテック初値売り
 
(5,950円-2,000円)×100株=395,000円

SBI証券のNISA口座は、国内株式手数料無料のため 395,000円の利益。

20.315%の税金が引かれないのが本当にうれしいです。

  

IPO当選に助けられました


夫は、高齢の義父に自動ブレーキ搭載の新車をプレゼントしました。

兄弟でお金を出し合い、わが家の負担は3分の1。

数十万円の出費でしたが、2ヶ月連続でIPOに当選したため、気持ちよくプレゼントすることができました。

これからも落選にめげず、IPO投資を続けていきます。

 

▼IPO投資について詳しくはこちらをどうぞ。


▼IPOに関する記事です。 

www.bu-kirin.com