ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【倉庫住まい】おかしな手作り照明(寝室・居間・台所)

倉庫の2階にある居間の照明

秘密基地のような倉庫の住まいは、照明も変わっています。

 

私たちの住まいは プレハブ倉庫の2階。

私は結婚をきっかけに、夫が住む倉庫に引っ越してきました。

住みやすいように夫が水回りなどを手作りしてくれましたが、ちょっと適当。

いろいろと面白い空間に仕上がっています。

今回は、そんな倉庫住まいの照明について書いていきます。


スポンサーリンク

 


目次

 

寝室にある2種類の照明 

倉庫の2階にある寝室の照明

倉庫の2階中央にある18畳の寝室。

ここには2種類の照明があります。

倉庫の2階にある寝室のシーリングライト

主に使っているのは、丸いシーリングライトです。

これは、私がここに住み始めた時にホームセンターで買ったもの。

引越しの次の日、鉄骨の梁に針金でグルグルっと、夫が取り付けてくれました。

脚立に上ってシーリングライトを取り付ける夫は、とても頼もしかったです。

 

倉庫の2階にある寝室の長い蛍光灯

もう1つ、今はほとんど使っていない蛍光灯。

私が引っ越して来る前、夫はこの長い蛍光灯だけを使っていたそうです。

現在は作業をする時など、シーリングライトでは暗い時に一部だけ使用しています。


ベッドの真上にある照明器具は、夫が外してくれました。

ベランダに放置された照明器具

「地震で揺れて外れたら危ないからね」と夫。

優しさをありがとう。


外した蛍光灯は、なぜかベランダに放置したままになっています。

このままでいいのかな?

夫は適当が大好き。

いつかどうにかするのでしょう。

 

完璧を目指さない居間の照明 

倉庫の2階にある居間の蛍光灯

居間は普通の丸い蛍光灯を使っていますが、取り付け方が変わっています。

以前設置していた長い蛍光灯の取付金具に、針金でグリグリっと。

倉庫の2階にある居間の蛍光灯

電源コードは、壁にたどり着く前に中途半端な状態で垂れ下がってます。

本当は梁の近くに穴を開け、壁の向こう側にコードを這わせる計画だったそうです。

夫は「とりあえず1回コードを繋げてみよう」と試してそのまま。

さすが適当な夫。


慣れというものは凄いもので、普段生活していると垂れ下がったコードが視界に入っても認識されません。

なんでも完璧を目指せばいいってもんじゃない。

細かいことは気にせず、楽しく暮らすのが一番です。

 

台所の照明は?

倉庫の2階にある台所シンクの照明

台所シンクの上にある黒く長い蛍光灯カバー。

なにやら強引にネジ止めしてあります。

強引にネジ止めしてある台所シンクの照明

夫に聞くと、元々は水槽の照明だったそうです。


結婚前、夫は熱帯魚とエビ、水草を水槽で育てていました。

しかし、引っ越してきて水槽を見ると、なんと中は空っぽ。

仕事が忙しくて水質管理が上手くいかず、悲しい結果になったそうです。


とっても残念。

照明だけでも活用できて良かったね……。

 

愛情いっぱい倉庫住まいの照明

倉庫の2階にある寝室の長い蛍光灯

「どうしたら心地よく暮らせるか」

夫は一生懸命考えてプレハブ倉庫の住まいを作ってくれました。

とっても適当だけど、愛情をたっぷり感じるわが家の照明。

これからも大切に使います。 


▼関連記事 

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com