ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

うれしくて少し寂しいプレゼント

f:id:bu_kirin:20170514105435j:plain

数時間、仕事をしながら姪を預かりました。

 
私たち夫婦は空き地に囲まれた倉庫の1階で働き、2階で暮らしています。

私には持病があり、子供がいません。

私も夫のブーさんも子供好き。

姪たちの相手をするのは楽しみの1つです。

 

いつも元気な姪が、仕事場の隅でひとり静かに何かをしています。

私とブーさんが作業をしていると、何かを手にニコニコと姪がやってきました。

「これ見て!」

「おー、ずいぶん長くしたね。」

姪は輪ゴムを長くつなげていました。

「長いんじゃないよ、ネックレス!」

そう言うと、私の首のうしろで一生懸命輪ゴムをしばり始めました。

「ほらできた。」

よく見ると、私の首には折り鶴をあしらった輪ゴムのネックレス。

2色の輪ゴムが姪のセンスで配色されています。

そして中央には、姪がひとりでシールの台紙を正方形に切り、丁寧に折った折り鶴。

折りづらそうな紙でよくここまできれいに作ったと、大変驚きました。

f:id:bu_kirin:20170514105514j:plain


「わぁ、とってもきれいな鶴。すごいね。」私がほめると、「むかしから作れるよ」と得意顔の姪。

姪の昔とは、いつのことやら。

いつの間にか姪は、折り鶴は正方形の紙で作るのだと覚えました。

私に「一緒に遊ぼう」と言ってくれるのは、あと数年でしょう。

姪の成長をうれしく思うと同時に、なぜだか少し寂しく感じる姪からのプレゼントでした。