ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

私の可愛すぎる夫

プリンを目の前にしてうれしそうなブーさん

夫のブーさん。

お腹が出たオジサンですが、私の目にはとてもかわいく映るのです。

 
週に一度の買い物の日。

ホームセンターとスーパーで買い物を済ませ、自宅まであと数分というところでブーさんは控えめに一言。

「そこのドラッグストアで何か甘いものを買いたいな……」


高脂血症のブーさんの健康を考え、いつもは甘いものを買い渋る私。

その時は、私も疲れと体調の悪さから、身体が甘いものを欲していました。


「うん。そうしよう」


「甘いものOK」が余程うれしかったのか、それまでどんよりとした空気をまとっていたブーさんの頭に、パッと花が咲きました。

運転席でハンドルを握りながら、ドラッグストアのテーマソングを元気良く歌いだしました。


「ブーさんうれしそうだね。ウキウキ歌ってる」

かわいいなぁと思い、私は笑いながら言いました。


「そんなことないよ!ただ歌っただけ!」

ちょっとムキになるブーさん。

いつでもオレは冷静さ、とでも言いたげです。


ドラッグストアに着くとサッと買い物かごを取り、お菓子売り場に直行。

「ブーさんかわいいね」

「かわいくないっ」


お菓子の前であれこれ悩む姿は、まるでキューピーさん。

ブーさんは可愛すぎる夫です。

関連記事

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com