ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

ストレスで鋭くなる嗅覚

窓とカーテン

ストレスや疲労がたまっていると、普段は気付かない「におい」を感じます。

 

「におい」に初めて気付いたのは20代後半。

気持ちよく晴れた日の午後、爽やかな風がレースのカーテンを揺らしていました。

母とお茶を飲みながら話をしていると、風の中にかすかに感じる雨のにおい。

 

「雨が降るから洗濯物を取り込もう。」

私がそう言うと、母は笑いました。

「こんなに晴れているのに、雨なんて降るわけないじゃない。」


そして15分後、降り出す雨。


「なんでわかったの?信じられない。」と驚く母。

2人で急いで洗濯物を取り込みました。


その後、同じような事は起きず、どうして雨のにおいに気付いたのかは、わからないままでした。

 

明け方のベッド 

2年前、仕事と人間関係で疲れていた頃のこと。

午前3時、焼肉のにおいで突然目が覚めました。

どこからか漂ってくる焼いた肉と甘辛いタレのにおい。

夫のは隣で熟睡中。

ベッドの中から嗅覚でにおいの元を探ると、1階から漂ってくるようです。

 

私たちの住まいは倉庫の2階。

1階には夫の家族が時々来ます。

その日は、夫の兄弟が仕事帰りにお弁当を食べていたようです。


普段は1階のにおいなんて全く気付かないのに……

インターネットで調べると、ストレスからくる嗅覚過敏という症状を見つけました。

長年の謎が解決し、腑に落ちる私。

ストレスでまつ毛が抜けたり、嗅覚過敏になったり。

私の体はちょっと面倒ですが面白いです。