ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

倉庫住まいの防犯対策

居間のカーテンは光を通す

空き地に囲まれたプレハブ倉庫のわが家。

光や音などを使い、防犯対策をしています。

 
私は夫のブーさんとの結婚をきっかけに、倉庫の2階に住むようになりました。

1階は仕事場です。

結婚前、夫がここで一人暮らしを始めたころは、まわりの空き地によく不法投棄をされていたそうです。

そこで現在は不法投棄だけでなく、夜間、おかしな人が来て倉庫にいたずらをされないように、いつでも人の気配を感じさせる工夫をしています。

今回は 倉庫に住む私たちの防犯対策について書いていきます。


目次 


スポンサーリンク

 

 

光を使った防犯対策

居間の照明

夜間でも人の気配を感じさせるため、居間・浴室など、寝室以外で外から見える部屋の照明をつけたまま寝ています。

ベランダの電球

2階のベランダにはLEDの電球をつるしました。

毎日、暗くなったらスイッチを入れます。 

 

音を使った防犯対策

ラジオ

音でも人の気配を感じさせるため、倉庫の隅に「ラジオ」を設置しました。

なるべく外に音が聞こえるよう、塀の近くに置いています。


寝室までは聞こえませんが、2階にいても聞こえる大音量。

たまにラジオをつけているのを忘れ

「誰かいる?」と勘違いしてしまうこともあります。 

アルミシート

雨が少しかかる場所なので、普段はこのようにアルミシートで覆っています。

 

防犯カメラ 

モニター

防犯カメラも設置しています。

カメラの映像は、居間にあるブラウン管テレビで見ることができます。

 

防犯対策の効果


夫がいろいろ対策をして、倉庫の近くに不法投棄されることはなくなりました。 

少し離れた空き地では、昨年末、大きな工作機械がいくつも不法投棄され、警察や役所の方が来ていたそうです。

数年前には、その空き地で不審火騒ぎもありました。


倉庫にはほとんど現金を置いていませんし、高価なものもありません。

それでも悪いことを考える人はいると想定して、これからもしっかりと防犯対策を続けていこうと思います。

関連記事

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com