ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

国民年金保険料の節約!おトクな2年前納・クレジットカード払いと手続きについて

国民年金保険料の「2年前納」

国民年金保険料って高いですよね。

そこでわが家は、国民年金保険料を節約するためにクレジットカードで「2年前納」することにしました。


今回は、国民年金保険料が節約できる「2年前納」と「クレジットカード納付」についてご紹介します。


スポンサーリンク

 


目次 

 

国民年金2年前納のデメリット

国民年金保険料「2年前納」をするための積立

まずは、国民年金保険料2年前納の2つのデメリットを確認していきます。
  

1、納付後は減免制度が受けられない 


保険料を納めることが経済的に難しくなった時、保険料が免除される制度があります。

しかし、2年前納したあとに減免を申請しても納めた保険料は戻ってきません。

「前納した後すぐに大怪我をしたり、死んでしまったら…」と迷ったりもしましたが、

もしそうなったら仕方が無いからあきらめよう、と夫と私は考えています。
 

2、2年に1度、大きな出費がある


夫婦2人分を2年前納すると75万円以上の出費が2年に1度あります。

トータルで考えるとおトクだとわかっていても、結構つらい出費。

わが家では毎月数万円ずつ貯蓄とは別枠で「2年前納するための積立」をしています。
  

国民年金2年前納のメリット

国民年金保険料2年前納はクレジットカードで払える

次に、国民年金保険料2年前納の3つのメリットを確認していきます。 

1、保険料の割引 


「2年前納」を利用すると、

毎月納付する場合に比べ 2年間で15,000円程度の割引になります。

29年度保険料は16,490円なので、だいたい1ヶ月分の割引です。

前納すると夫婦2人分で約3万円の節約になり、とってもうれしいです。
 

2、クレジットカードで払うとさらに節約できる


平成29年4月から、口座振替による2年前納に加えて

新たに現金・クレジットカード納付による2年前納が可能になりました。


口座振替の割引額は15,640円、現金とクレジットカードの割引額は14,400円と、

口座振替と比較すると現金・クレジットカード納付は1,000円程多く支払います。


しかしクレジットカードで払うと、

ポイント・マイル・キャッシュバックなどが受けられるというメリットがあります。 

カードの還元率が0.5%以上であればクレジットカード払いの方がおトクです。
 

3、社会保険料控除の方法を選べる 


確定申告をするとき、2年前納した分の社会保険料控除については

・納めた年に全額控除する

・1年ごとに分けて控除する

この2つから選択できます。


わが家は収入に波があるので、

社会保険料控除の額を2つから選べるというのがとても嬉しいです。

参考:2年前納された国民年金保険料の社会保険料控除について|国税庁
 


スポンサーリンク

 

国民年金をクレジットカードで2年前納する手続き


「クレジットカード納付による2年前納」の手続きをする際に気を付けなけれがいけないことがあります。 

・「2年前納」の申し込み期限は、毎年2月末まで

・利用するクレジットカードの利用限度額有効期限

この2つに注意して、日数に余裕を持って準備するようにしましょう。


2月末日までに間に合わなかった場合、翌年3月まで毎月納付の取り扱いとなります。

また、クレジットカードの支払い回数は1回払いのみです。

2年前納分を一括で支払えるか、利用限度額を確認してください。
 

国民年金保険料クレジットカード払いの手続き方法

国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書

「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入して、

年金事務所の窓口に提出するか郵送します。

「クレジットカード納付申出書」は窓口に備え付けてあるほかに、

日本年金機構のサイトからダウンロードできます。

参考:国民年金保険料に関する手続き|日本年金機構


郵送による手続きを希望する際は、最寄の年金事務所まで問い合わせをして

「クレジットカード納付申出書」を送付してもらうことも可能です。

また、被保険者とカード名義人が異なる場合は

「国民年金保険料クレジットカード納付に関する同意書」も必要となります。

参考:国民年金保険料|日本年金機構

 

国民年金2年前納におすすめのクレジットカード


国民年金保険料の支払いができないクレジットカードが一部あります。

それは「プリペイド式クレジットカード」と「海外発行のクレジットカード」。


つまり、国内で発行された普通のクレジットカードなら大丈夫。

そして還元率の高いクレジットカードで支払えばその分おトクです。


私のおすすめは「楽天カード」「リクルートカード」

どちらも還元率1%以上・年会費無料です。

わが家は2つとも持っています。
 

楽天カードのおすすめポイント 


ポイント還元率1%

ポイント還元率1%の楽天カードで2年前納すると、3,800円程度の楽天スーパーポイントがもらえます。

夫婦2人だと、2年前納で28,800円割引された上に、7,600円程度のポイント還元。

合計約36,400円おトクです。

※29年度保険料16,490円、30年度保険料16,340円で計算しました。
 

ポイントがあれこれ使える

楽天スーパーポイントは楽天市場だけでなく、街のお店でも使えます。

マクドナルド、くら寿司といった飲食店やガソリンスタンド、コンビニなど色々。

また、お店で現金払いをする時でも、楽天カードを提示すればポイントがもらえます。

参考:楽天ポイントカード: 使えるお店
 

ポイントで投資信託が買える

楽天証券に口座があれば、楽天スーパーポイントで投資信託が購入できます。

投資をしてみたいけれど最初の一歩が踏み出せない…という方は、楽天スーパーポイントで投資デビューしてみてはいかがでしょうか。

思っていたよりも簡単に買えましたよ。

詳しくはこちら楽天カード(公式サイト)
 

リクルートカードのおすすめポイント 


ポイント還元率1.2%

ポイント還元率1.2%のリクルートカードで2年前納すると、4,550円程度のリクルートポイントがもらえます。

夫婦2人だと、2年前納で28,800円割引された上に、9,100円程度のポイント還元。

合計約37,900円おトクです。

※29年度保険料16,490円、30年度保険料16,340円で計算しました。
 

ポイントの使い道が豊富

リクルートポイントの使い道は

「じゃらん」「ポンパレ」などのリクルートのサービスだけではありません。 

Pontaポイントに交換して、

ローソンやケンタッキーなどの日本全国のPonta加盟店でも利用できます。

参考:共通ポイント Ponta [ポンタ] | Ponta Web

  

税金の支払いもおトクに

リクルートカードでうれしいのは、電子マネーチャージでもポイントが貯まること。

モバイルSuicaやnanaco、楽天Edy、スマートICOCAへのチャージで

リクルートポイントがもらえます。

リクルートカードは電子マネーへのチャージでもポイントが貯まります

わが家はリクルートカードでチャージしたnanacoカードを使い、

セブンイレブンで税金を支払っています。

税金の支払いでも還元されたリクルートポイント分の節約ができます。

詳しくはこちらリクルートカード(公式サイト)
 

まとめ


今回は国民年金保険料の「2年前納」と「クレジットカード納付」についてご紹介しました。

簡単にまとめると

・国民年金保険料を2年前納すると節約ができる。

・「2年前納」の申し込み期限は毎年2月末まで。

 ・還元率の高いクレジットカードで支払うと、さらにおトク。

・おすすめのクレジットカードは楽天カードリクルートカード


わが家は国民年金保険料をリクルートカードで2年前納します。