ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

収入の半分以下で生活する

2017年の収支

毎年1月、家計簿をもとに前年1年間の収支をまとめ、振り返るようにしています。

年に1回の成績発表といった感じで、いつも少しドキドキします。

 

2017年は生活費が多く、税金・社会保障が少ない年

2017年の収支

上の図は、2017年の収入を100とした場合の支出割合。(この言い方で合っているのでしょうか)

  • 生活費 35%
  • 引当金 6%
  • 税金・社会保障 5%
  • 残り 54%


収入が多いのでは、とお考えになる方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。

共働き世帯としては少ないと思います。

 

2017年は、例年より生活費が多くなりました。

理由は義父に車をプレゼントしたため。

夫のブーさんは兄弟でお金を出し合い、義父に自動ブレーキ搭載車を買いました。

それにより生活費の割合が増加。

わが家にとっては大きな出費でしたが、良い買い物をしたと思っています。

 

また、国民年金の支払いがなかったため、税金・社会保障費が少ない年でした。

わが家は節約のため国民年金の2年前納をしています。

前回の支払いは 2年前の2016年。

今年は2年前納の年なので、税金・社会保障費がドーンと増える予定です。

「引当金」は2年前納のために毎月少しずつ準備しているお金です。 
 


スポンサーリンク

 

 

収入の半分以下で生活できる理由

2017年の生活費

収入の半分以下で生活ができる理由は「倉庫暮らし」「目標」でしょうか。


私たち夫婦は、仕事場である倉庫の2階で暮らしています。

ブーさんの家族が所有している倉庫のため、家賃は無料。

水は井戸水を使用しているため、水道代もゼロ。

住居費と水道代がかからない恵まれた環境です。

やりくり上手な方であれば、もっと生活費を抑えられると思います。

 

私たち夫婦の目標は 早期リタイアと移住

ある程度お金を貯めたら今の仕事をやめ、夏涼しい場所でのんびり暮らしたいと考えています。

夢を叶えるために 普段から2人でよく話し合って生活をしているので、無駄な出費をせずに済んでいます。

 

収入の残り54%の使い方

残り54%

収入の35~60%ほど 毎年手元に残ります。 

残ったお金の使い方は、大きく分けて2つ。

1、生活防衛資金+投資余力

2、運用資産 


生活防衛資金+投資余力
は、いざという時に生活費を補い、積立投資に備えるお金。

預け先はネット銀行とネット証券口座です。

預けたままにするのではなく、IPO投資をして少しでも増やすようにしています。


運用資産
は、リタイア後に備えた投資信託の積立投資。

2014年から個人型確定拠出年金(iDeCo)などで夫婦ともに続けています。

 

これからもコツコツと楽しく


以前は「どこまで節約できるか」という挑戦に燃えたりもしましたが、

今は無駄なお金を使わないことが普通になり、ストレスなく暮らしています。

夫婦2人仲良く笑顔でいられることが 私にとって一番大切。

1日も長くブーさんと楽しく過ごせるよう、コツコツと節約と投資を続けていきます。

 

まずはここから!「お金の教養講座」