ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

しょうが・ごぼうはフードプロセッサーにかけて冷凍保存

実家からもらった冷凍生姜

実家では生姜(しょうが)を冷凍保存。

チューブ入りおろし生姜が苦手な私でも、おいしく食べられます。


母は、値段が安い秋に大量にしょうがを買い、冷凍保存しています。

とても使いやすく日持ちもバツグン。

そして「ごぼう」も同じように冷凍。

今回は、母から教えてもらった「しょうが・ごぼうの冷凍方法」を書いていきます。


スポンサーリンク

 


目次 

 

しょうが・ごぼうの冷凍保存方法

しょうがとごぼうの冷凍保存方法

1、生姜・ごぼうは適当な大きさにボツボツ切る。(一口大くらいでしょうか) 

2、フードプロセッサーにかけて細かくする。

3、フリーザーバッグに入れ、出来るだけ平たくする。

4、口をしっかり閉めて冷凍庫に入れる。 

 

冷凍しょうが・冷凍ごぼうの使用方法


冷凍しょうが(ごぼう)を使うときは、使いたい分だけ割って使います。 

割った冷凍生姜

割りやすいようになるべく薄くするか、割るための線をお箸などで付けてから冷凍すると良いと思います。

解凍しないで、そのまま料理にお使い下さい。

 

冷凍しょうがでぽっかぽか 

冷凍生姜を汁物に入れる

冷凍しょうがは、スープ・炒め物・煮物・めん類のつゆ・飲み物などに手軽に使えます。

体を温めたい時はしっかりと加熱して、温かい状態で食べましょう。

母は毎日生姜を食べるようになって、高めだった血圧が落ち着いたようです。 

(あくまでも母個人の感想です。)

 

冷凍ごぼうで簡単おいしく

うどん

うどん・煮物には冷凍ごぼうが欠かせない!と両親。 

特に、うどんのつゆへ冷凍生姜・冷凍ごぼうの両方を入れると絶品だそうです。

冷凍ごぼうで簡単においしさアップ。

食物繊維が豊富なのもいいですね。

 

冷凍保存でおいしく健康に


細かくしてから冷凍すると、いつでも手軽に使え、何と言っても長持ちします。

しょうが・ごぼうは美味しいだけでなく、健康に良い食材。

冷凍保存おすすめです。