ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【寒さ対策】浴室の窓をポリ袋で断熱する。真冬でもほっかほか

ビニール袋で断熱したお風呂の窓

ポリ袋1枚で、寒い浴室がほっかほかの幸せ空間になりました。

これで真冬でもゆっくりお風呂に入れます。


私たち夫婦はプレハブ倉庫の2階に住んでいます。

水回りは夫がDIY。

狭い浴室を心地よい空間にするため、ユニットバスの壁を切り抜きました。

夫が作ったわが家の浴室

開放感があっていいのですが、気温が低くなると窓から強い冷気が入ってきます。

冬はお風呂のお湯がすぐにぬるくなり、シャワー中はとても寒いです。

そこで家にあるものだけを使い、浴室の窓を断熱しました。


スポンサーリンク

 


目次 

 

窓の断熱に使うもの 

ポリ袋と養生テープ

浴室の窓を断熱するために使うものは2つあります。

「大きなポリ袋」と「養生テープ」 

ポリ袋は仕事で時々手に入るので、きれいなものをとっておきました。

袋のサイズは壁の穴(84×70cm)よりも大きい105×100cm

養生テープは手で簡単に切れ、ガムテープより剥がしやすいので、とても使いやすいです。

私は白がお気に入りです。

 

窓をポリ袋で断熱する方法


ユニットバスの壁の内側に、ポリ袋を養生テープで貼り付けます。

まずは断熱前・断熱後の様子をご覧ください。


▼断熱前

ビニール袋で断熱する前のお風呂の窓

▼断熱後

ビニール袋で断熱した後のお風呂の窓

画像ではわかりにくいですが、上側をテープで4ヶ所とめました。

ポリ袋を養生テープで貼る

下側はテープでとめていません。

浴室にポリ袋を貼ったところ

このままでは、バスタブに入ったときにポリ袋が邪魔になります。

わが家のユニットバスは窓から少し離れているので、そのすき間にポリ袋の下側を入れました。 

すき間にポリ袋の下側を入れて浴室の断熱完成

これで完成。

横から見たところを図にしました。

横から見た図

一般的な住宅であれば、窓枠か壁にポリ袋を貼りつけるのが良いでしょう。

これで断熱完了。

真冬でもゆっくりシャワーが浴びられます。

 

窓を断熱してあったかお風呂に変身

お風呂の窓もしっかり断熱

浴室の窓にポリ袋を貼るのは、これで2回目。

今年2月になんとなく貼ってみたら、冬の寒い日でも浴室がほっかほかになりました。 

部屋の窓はカーテンなどで断熱するけれど、浴室の窓はむき出しのお家が多いのでは。

梱包材のプチプチ(エアキャップ)やシャワーカーテンを使ってもいいと思います。

「冬のお風呂は寒くてつらい!」と感じる方は、浴室の窓を断熱してみませんか。

▼スタイロフォームもおすすめです。

窓枠の大きさにカッターで切ってはめるだけ。簡単に外せるので換気もできますよ。


▼断熱カーテンライナーについて書きました。