ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

iDeCo(個人型確定拠出年金)をはじめて3年8ヶ月の損益率と資産状況

SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(個人型確定拠出年金)をはじめて3年8ヶ月。

損益率と資産状況が気になったので確認してみました。

 
わが家がSBI証券でiDeCoをはじめたのは2014年10月。

商品や掛金配分をたまに見直しながら、基本的にはほったらかしで投資信託の積立投資を続けています。

昨年「個人型確定拠出年金(iDeCo)運用2年8ヶ月のまとめ 」を書いてから1年経ちました。

iDeCoをはじめて3年8ヶ月(2018年5月末)の損益率、資産状況(アセットアロケーション・ポートフォリオ)、資産残高の推移を見ていきます。


スポンサーリンク

 

 

3年8ヶ月 iDeCOの損益率

iDeCOの損益率(3年8ヶ月)

iDeCoをはじめて3年8ヶ月の損益率は 13.1%

1年前の損益率は 10.1% でした。

ちなみに今までの最高は 22.1% 、最低は -8.9% です。

 

3年8ヶ月 iDeCoの資産状況

資産クラスの配分をあらわす「アセットアロケーション」と商品の組み合わせ「ポートフォリオ」。

この 2つの状況を確認していきます。

 

3年8ヶ月 iDeCoのアセットアロケーション

 

  • 日本債券    7%
  • 日本株式  13%
  • 先進国債券   8%
  • 先進国株式 62%
  • 新興国株式 10% 
  • 株式 85%:債券 15%
  • 国内 20%:海外 80%
  • 国内 20%:先進国 70%:新興国 10%

もっと割合が崩れていると思っていましたが大体予定通り。

株式と債券、国内と海外の比率は1年前とまったく同じです。

「日本債券」と「先進国債券」をiDeCoで選ぶ必要はないと思いながらも、積立投資を続けるための精神安定剤として購入しています。


わが家のアセットアロケーションは、効率的フロンティアから遠く離れています。

 

しかし、今のわが家には居心地が良いアセットアロケーションなので、今のところ手を加えるつもりはありません。


効率的フロンティアとは ⇒ 同じリターン(収益率)を上げるアセットアロケーションの中から最も低リスクとなるように組み合わせたもの。

 

3年8ヶ月 iDeCoのポートフォリオ

 

  • 三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 7%
  • SBI TOPIX100・インデックスファンド(DC年金) 12%
  • ひふみ年金 1%
  • 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 7%
  • DCニッセイ外国株式インデックス 62%
  • EXE-i 新興国株式ファンド 10%

現在、6つの投資信託を購入しています。

もっとシンプルにしたいと思ったこともありました。

しかし、ストレスなく続けることを第一に考え、わが家にとって心理的に無理のないポートフォリオにしています。

先進国株式を中心に軽く分散投資。

 

3年8ヶ月 iDeCoの拠出金と資産残高の推移

f:id:bu_kirin:20180531151338j:plain

2年前から資産残高が拠出金累計(元本)を上回っています。  

iDeCoのゴールはまだまだ先なので、再びマイナスになることもあるでしょう。

一喜一憂せずに、どのようなグラフが出来上がっていくのか楽しもうと思います。 

 

3年8ヶ月目に感じる iDeCo


わが家のアセットアロケーション(資産配分)は効率が悪く、誰かにおすすめできるものではありません。

それでもこのまま継続していこうと思うのは、投資を約4年間続けながら考え、感じたことを踏まえた、今のわが家らしいアセットアロケーションになっているからです。

「パッと見て不安を感じない程度に分散」と言ったところでしょうか。

投資本「お金は寝かせて増やしなさい」

この先、投資に対する考え方や生活スタイルが変わっても、アセットアロケーションを変えてiDeCoは続けていきます。

時間が味方の積立投資。

無理せずできるだけ長く続け、iDeCoで老後資金を準備します。


<関連記事>

投資信託ってなに?私たちが投資信託を選んだ理由

お金は3つに分ける 生活と投資を安心して続けるために


老後の生活費を準備するため、私は セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド もコツコツ積立てています。

セゾン投信の資料は長期投資・積立投資の勉強に役立ちました。

公式サイト セゾン投信株式会社