ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

「湯西川 水の郷」さすが山奥の秘湯、鹿と熊が売られてる。足湯最高!【栃木県日光市】

観光センター湯西川水の郷

標高750m、自然あふれる「湯西川水の郷」(ゆにしがわ みずのさと)には、山奥の温泉ならではの楽しみがあります。


栃木県日光市の山奥、平家の落人伝説が残る湯西川温泉。

買い物、食事、温泉、イベントが楽しめる観光センター「湯西川 水の郷」が2011年にオープンしました。 


スポンサーリンク

 

 

絶景の静かな足湯で癒される

湯西川水の郷の足湯

「湯西川 水の郷」には、広く静かな足湯があります。

すぐ下に清らかな湯西川が流れ、目の前には連なる山々。 

湯西川水の郷の足湯と山々

やわらかい美肌の湯に足を入れ、のんびり景色を眺めていると、心も体もぽかぽか幸せ。

pH9.5 のアルカリ性単純温泉。無色透明、無味無臭。

無料で入り放題です。

 

マタギの店?鹿・熊・羊・大スズメバチ販売中


「湯西川 水の郷」の売店で、まず目に飛び込んでくるのは「鹿のツノ」。

鹿のツノ(湯西川水の郷の売店)

以前、モデルさんのように美しくスラッとした若い女性が、ここで迷いなく鹿のツノを買っているのを見かけました。

大変うれしそうな様子で手にツノを持ち、足取り軽く車へ戻る姿はもののけ姫。

姫は鹿のツノをどのように使っているのでしょうか。

とても気になります。


ツノの後ろにある「大スズメバチ酒」は、お酒の中に大きなスズメバチがゴロゴロ。

私は怖くて撮影できませんでした。
 

湯西川水の郷の売店

鹿のツノ、羊の皮、熊の皮、サルノコシカケ。

ワイルドというか、生々しいというか、当たり前のように売られていて圧倒されます。 


カギ付きのガラスケースの中は、ただならぬ雰囲気。 

熊の手が入っているガラスケース(湯西川水の郷の売店)

「熊の手」の圧倒的存在感。

中華料理では高級食材とされているそうですが、どこか不気味で恐ろしいです。

ケースの中には「熊の胆(くまのい)」も。 

お値段195,000円。

「熊の胆」は熊の胆嚢を干したもので、消化器系全般の薬として使われているそうです。

幼いころから胃腸が弱い私ですが、これはちょっと手が出せません。 

ほかに「熊の牙」「熊の爪」など。

ケースの中にある熊関係すべての値札に、同じお名前が書かれています。

この方が仕留めたのでしょうか。只者ではないですね。


さて、こちらの「鹿の皮」、おいくらでしょう。

鹿の皮


7,500円。 

鹿の皮

この値札の生産者欄にも熊関係と同じお名前が…。 

ハンターというより、現代のマタギといった印象です。 


こちらの売店では「サンショウウオの燻製」も販売。

サンショウウオの燻製
出典:買物 | 湯西川水の郷

湯西川では昔から食べられている「サンショウウオ」。

お宿や飲食店のメニュー、お土産屋さんでもその名前と姿を見かけます。

マタギのおじさんが囲炉裏端でお酒を片手にサンショウウオをかじってる姿を、勝手に想像してしまいました。


スポンサーリンク

 

 

「湯西川 水の郷」は買い物・温泉・イベントなど楽しみがいっぱい  

湯西川水の郷のお楽しみ

「湯西川 水の郷」で販売されているのはケモノ関係だけではなく、地元で採れた新鮮野菜、人気和菓子「平家最中」 などたくさん。

食堂では手打ちそばもいただけます。

私のおすすめは地元の野菜。

地元で採れた新鮮野菜(湯西川水の郷)

昨年8月、画像の野菜をまとめて50円で買いました。立派な葉つき大根も50円!

源泉かけ流しの温泉も安く入浴できます。

そして、今年も7月21日(土)~ 8月26日(日)「湯西川 水の郷 夏祭り」を開催。

湯西川水の郷 夏祭り

屋外の売店では、焼きゆば・やきそば・アイスクリーム・かき氷などを販売。

「川魚のつかみどり」では、とった川魚をその場で塩焼きにして食べられますよ。 

※7/28(土)・8/14(火)・17(金)は休み、雨天休み

7/2(土)~8/26(日) 「湯西川水の郷 夏まつり」~湯西川の夏の涼を楽しんでください~ | 湯西川水の郷

 

「湯西川 水の郷」について(住所・営業時間・料金・アクセス) 


住所:〒321-2601 栃木県日光市湯西川473-1

電話:0288-98-0260

営業時間

・5月〜11月:9時〜16時(温泉9時〜19時 食堂11時〜15時)

・12月〜4月:10時〜15時(温泉10時〜18時 食堂11時〜15時)

水曜定休 / 夏季無休 


温泉利用料金 

・(市民以外)中学生以上500円、小学生250円

・(市民)中学生以上300円、小学生150円

湯西川水の郷

電車・バスでのアクセス

野岩鉄道 会津鬼怒川線「湯西川温泉駅」から日光交通ダイヤルバスで約30分「川戸(かわど)」下車 徒歩1分

車でのアクセス

日光宇都宮道路「今市IC」から国道121号経由で県道249号へ約90分

公式サイト:日光市湯西川温泉の観光センター「湯西川水の郷」


また水の郷でゆっくり足湯をしたいなぁ。 


<関連記事>

佐野SA下りの朝食バイキングはおいしい!おトク!また食べたい!【栃木県・東北自動車道】

中三依温泉 男鹿の湯でゆったりのんびり 温泉と自然に癒される【栃木県日光市】

湯西川温泉「水の郷」でのんびりおトクな旅