ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

嵐のあとに出会ったもの

プレハブ倉庫2階のベランダから見える空とクズ

嵐が過ぎて太陽が顔を出すとホッとします。

 
今年は台風が多いですね。

台風が来るたび、プレハブ倉庫のわが家は強風に揺られ、バタバタバタと大きな雨音が響きます。

「どうか無事に嵐が過ぎますように」

できるだけの対策をしたあとは、ただただ祈るだけ。

 

雲が流れ、雨が上がると、私は倉庫とその周辺に異常がないか見て回ります。

今回もぐるっとひとまわり。

その中でちょっとうれしい出会いがありました。


スポンサーリンク

 

 

2階のベランダには風に吹かれる葛(クズ)。

ベランダのクズ

強い風にブンブン振り回されながらも、葉を落とすことなく元気な様子。 

ここ数年でクズが爆発的に増え、いつもは少し面倒に思っていますが、嵐のあとにいきいきとした姿を見ると安心します。

よかったよかった。

 

倉庫の隣の茂みにはアゲハチョウ。

茂みで見つけたアゲハチョウ

風で大きく揺れる葉にしがみつき、羽を広げようとしていました。  

アゲハチョウ 

羽を広げるアゲハチョウ

すごい。

こんな小さな体でも、嵐を生きぬき、風の中を飛んでいきます。

アゲハチョウの羽ばたきに、キラキラとした命の輝きのようなものを感じました。 

 

台風一過の空

暑さの中に秋を感じる台風一過。

倉庫のまわりには、たくさんのシオカラトンボが飛んでいました。