ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

湯西川温泉にある無料の足湯2つ。癒しの秘湯。日帰り入浴もできます

湯西川水の郷にある足湯

開放感いっぱいの足湯で、ゆっくり深呼吸しませんか。

 
栃木県日光市、平家の落人伝説が残る山奥の秘湯「湯西川(ゆにしがわ)温泉」。

その温泉郷の入り口には 心を癒す足湯があります。

澄んだ空気の中、やわらかい温泉に足をつけると、心も体も安らぎます。

今回は「湯西川温泉にある無料の足湯」について書いていきます。


スポンサーリンク

 


目次 

 

「道の駅 湯西川」湯の郷 湯西川観光センター

道の駅湯西川の足湯

野岩鉄道 会津・鬼怒川線「湯西川温泉駅」に直結している「道の駅 湯西川」は、全国でもめずらしい天然温泉がある道の駅です。

源泉かけ流しの足湯は、肌にやさしいアルカリ性単純温泉。

ダム湖遊覧クルージング ダックツアーの水陸両用車

ダム湖遊覧クルージング「ダックツアー」や電車・バスの待ち時間も、足湯でのんびりくつろげます。 

道の駅湯西川の足湯と売店

私たちは足湯で温まりながらソフトクリームを食べるのが大好きです。

にっこり幸せ気分。

ソフトクリームは、目の前にある小さな売店で販売しています。

道の駅湯西川の直売

地元野菜の直売には山菜・きのこなども並び、宝探し気分で楽しく買い物ができます。

道の駅湯西川のカフェ モノデモンテ

このほかにも、大浴場・休憩室・カフェ・お食事処・売店と いたれりつくせり。

私は「いちごの紅茶」と「ゆば入り鴨せいろそば」がお気に入りです。

駐車場は無料で広く、キャンピングカーも見かけます。
  

「道の駅 湯西川」湯の郷 湯西川観光センター

道の駅 湯西川 

住所:栃木県日光市西川478-1

アクセス:湯西川温泉駅となり

電話:0288-78-1222

営業時間:9~ 17時(足湯)

駐車場・トイレ・公衆電話は、24時間利用できます。

公式サイト:道の駅 湯西川

休館日、営業時間などの詳細は「道の駅湯西川について」でご確認ください。


スポンサーリンク

 

 

湯西川温泉 観光センター「湯西川 水の郷」

湯西川 水の郷にある足湯

「道の駅 湯西川」から車で15分、湯西川沿いにある「湯西川 水の郷」。

標高700mの静かな山里に、空と風を感じる足湯があります。

自然と深呼吸してしまう気持ちよさ。

湯西川 水の郷から見た風景

流れる雲を見ながら、のんびり足湯。

冬の湯西川 水の郷から見た風景

寒い冬も、温泉で全身ぽっかぽか。

源泉かけ流しの足湯と四季折々の風景に、心の底から癒されます。  

湯西川 水の郷にある足湯

pH9.5 のアルカリ性単純温泉は、肌がしっとりすべすべになる「美肌の湯」。

無色透明で刺激が弱いため、高齢の両親もゆっくりつかっていました。

また、水の郷には大浴場と露天風呂があるので、日帰り入浴も楽しめます。

マッサージチェアと和室の休憩所もうれしいです。

湯西川 水の郷の売店

売店には山里ならではの品々が並び、中には驚くようなものもあります。

鹿・熊・サンショウウオ……。

都会の若い女性が「安い!」と、大喜びで鹿のツノを買っているのを見かけたこともあります。

食堂では手打ち蕎麦など、山の郷土料理を味わえますよ。 

水の郷と大きなかまくら

毎年開催されている「湯西川温泉かまくら祭」期間中は、雪遊びもできます。

「道の駅 湯西川」が混雑しているときでも「湯西川 水の郷」は比較的空いていることが多い穴場スポット。

足湯は年中無休、いつでも入れます。

ただし、施設の営業時間外はトイレが使えないので、ご注意ください。 

湯西川温泉 観光センター「湯西川 水の郷」

湯西川 水の郷 

住所:栃木県日光市湯西川473-1

アクセス:湯西川温泉駅よりバス約20分 水の郷観光センター前バス停下車

電話:0288-98-0260

営業時間

5〜11月 8〜16時(温泉9〜19時 食堂11〜15時)
12〜4月 10〜15時(温泉10〜18時 食堂11〜15時)

定休日:水曜日(夏季無休)

公式サイト:日光市湯西川温泉の観光センター「湯西川水の郷」

冬は積雪のため、足湯が利用できない場合もあります。

水の郷観光センター前バス停 時刻表 | 日光交通株式会社

 

まとめ(湯西川温泉にある無料の足湯)

湯西川 水の郷にある足湯

・湯西川温泉は「道の駅 湯西川」と「湯西川 水の郷」に無料の足湯があります。

・「道の駅 湯西川」は 湯西川温泉駅に直結。足湯の営業時間は9~17時

・「湯西川 水の郷」は 湯西川温泉駅から車で15分。足湯はいつでも入れます。

・足湯に足拭きマットなどはないので、タオルをご持参ください。

・どちらも大浴場で日帰り入浴ができます。


身も心もほぐれる癒しの足湯。

爽やかな風が吹く山奥の温泉で、ゆったり過ごしてみませんか。 
 

湯西川温泉、お気に入りの宿 

露天風呂が好きな私たち夫婦は「桓武平氏ゆかりの宿 揚羽 ~AGEHA~ (旧 平家の庄)」がお気に入り。 

清流沿いに入り放題の貸切露天風呂が6つあります。 

囲炉裏料理と山の田舎料理も美味しいですよ。


▼湯西川温泉について書きました。 

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com


▼足湯の記事です。 

www.bu-kirin.com