ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

鬼怒川温泉・川治温泉・湯西川温泉の足湯6つ。無料で温泉を楽しめます【栃木県日光市】

鬼怒川温泉駅前の足湯 鬼怒太の湯

栃木県日光市にある 鬼怒川温泉・川治温泉・湯西川温泉 の無料の足湯をまとめてご紹介します。 

 
鬼怒川・川治・湯西川、この3つは比較的近い場所にある温泉地ですが、景色も雰囲気も異なり、それぞれに魅力がいっぱい。 

「誰でも入れる無料の足湯」が2つずつあり、 気軽にその魅力を味わうことができます。

今回は、鬼怒川温泉・川治温泉・湯西川温泉にある無料の足湯について書いていきます。


スポンサーリンク

 


目次

  

鬼怒川温泉・川治温泉・湯西川温泉 の場所と泉質


鬼怒川・川治・湯西川、この3つの温泉は栃木県日光市の北部にあります。

地図の温泉マークの場所は、南から鬼怒川温泉、川治温泉、湯西川温泉です。

それぞれ無料の足湯がある「鬼怒川温泉駅」「川治ふれあい公園」「道の駅 湯西川」に印をつけました。

東武鉄道 鬼怒川温泉駅(標高385m)

 |11km

川治ふれあい公園(標高484m)

 |6.7km

道の駅 湯西川(標高606m)


この3ヶ所はあまり離れておらず、「鬼怒川温泉駅」から「道の駅 湯西川」までの移動時間は、車・電車・バスどれでも30分ほどです。

しかし、鬼怒川温泉と湯西川温泉では標高差が200m以上あるため、気候と景色がまったく違います。


▽冬の鬼怒川・川治・湯西川の気候と景色の違いについて、以下の記事で詳しくご紹介しています。

www.bu-kirin.com

 

湯西川温泉 湯西川 水の郷の足湯

3つの温泉の泉質は、pH値8.5以上の「アルカリ性単純温泉」

肌にやさしく滑らかで、無色透明、無味無臭。

入浴すると肌がつるつるすべすべになります。

川治温泉はケガに、鬼怒川温泉は火傷に効能があるとされ、古くから「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と言われています。

また、湯西川温泉は「美肌の湯」として親しまれています。 

 

SLと渓谷が目の前に!鬼怒川温泉の足湯

鬼怒川温泉駅前の足湯「鬼怒太の湯」とSL大樹の陶板レリーフ

一年を通して多くの人が訪れる「鬼怒川(きぬがわ)温泉」には、駅前と渓谷沿いに足湯があります。

鬼怒川温泉ならではの景色を楽しめる足湯。

おいしいスイーツ+温泉で幸せ気分を味わえます。 
 

鬼怒太の湯

鬼怒川温泉駅前の足湯 鬼怒太の湯

東武鉄道「鬼怒川温泉駅」の駅前広場にある「鬼怒太の湯」。

地元の方と観光客に人気の足湯です。

足湯と手湯、東屋の休憩所があり、待ち合わせにも便利。

道路の向かい側にある「観光情報センター」でパンフレットをもらい、足湯につかりながら旅行プランを練るのもいいですね。

www.tochigiji.or.jp

 

東武鉄道 SL大樹の転車台

鬼怒太の湯のすぐ近くには、東武鉄道「SL大樹」の転車台。

時間を合わせれば、足湯を楽しみながら SLが回る珍しい光景を見ることができます。

転車台の入線時刻は、10:30・13:50・17:25 の1日3回(SL運転日のみ)


SL運転日など詳しくは、公式サイトをご確認ください。

www.tobu.co.jp

 

バウムクーヘン工房はちや はちやバウムソフト
出典:バウムクーヘン工房はちや

鬼怒川温泉駅前にある バウムクーヘン工房「はちや」の「はちやバウムソフト」 は足湯のお供にぴったり。

温泉+ソフトクリーム+バウムクーヘン、至福の組み合わせです。


鬼怒太の湯

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原地内

アクセス:鬼怒川温泉駅下車すぐ

電話:0288-76-4107 (日光市藤原行政センター 産業建設係)

営業時間:9:00~18:00

鬼怒太の湯|Google マップ

 

鬼怒子の湯

鬼怒川温泉の足湯 鬼怒子の湯

鬼怒川にかかる「くろがね橋」のたもとには「鬼怒子の湯」。

川の向こう側には、鬼怒川プラザホテル、一心舘、鬼怒川温泉ホテルなどが建ち並んでいます。

「かりんとうまんじゅう」が人気の まんじゅう処 おおあみ も近くです。

鬼怒川温泉の足湯 鬼怒子の湯

鬼怒川温泉の足湯 鬼怒子の湯から見た鬼怒川渓谷

目の前に広がるのは、季節ごとに移り変わる鬼怒川渓谷の絶景。

川を渡る心地よい風の中、足湯と手湯でゆったりリラックス。

小さな更衣室が用意されているので、ストッキングなどをはいていても大丈夫です。
 

くろがね橋河川遊歩道

「鬼怒子の湯」の脇から川の近くまで行ける「くろがね橋河川遊歩道」

迫力ある鬼怒川渓谷を間近で感じることができます。

急な階段ですので足元にご注意ください。


鬼怒子の湯

住所:栃木県日光市藤原1-15

アクセス:鬼怒川温泉駅下車 徒歩15分

電話:0288-76-4107 (日光市藤原行政センター 産業建設係)

営業時間:9:00~17:00

鬼怒子の湯|Google マップ


▽鬼怒川温泉の足湯については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

www.bu-kirin.com


スポンサーリンク

 

  

ひっそりと おこもり感のある 川治温泉の足湯

川治ふれあい公園のかわじい像

鬼怒川温泉から鬼怒川に沿って11kmほどさかのぼった場所に、ひっそり佇む「川治(かわじ)温泉」。

鬼怒川と男鹿川が合流する谷あいに位置し、静かでのどかな温泉郷です。

その中央部にある川治ふれあい公園には、「むすびの湯」「かわじいの湯」2つの足湯があります。

 

むすびの湯

川治ふれあい公園にある足湯 むすびの湯

川治温泉のキャラクター「かわじい」の像の近くにある「むすびの湯」

かわいい八角形の足湯です。

 

かわじいの湯  

川治ふれあい公園にある足湯 かわじいの湯

おこもり感のある「かわじいの湯」。

川のせせらぎを聞きながら、ゆっくり足湯につかると、心が落ち着きます。

カギ付きの更衣室もありますよ。
 

男鹿川

目の前を流れる男鹿川は、驚くほど透明。

川沿いの遊歩道で散策も楽しめます。
 

坂文精肉店のキャベツメンチ

キャベツメンチが人気の「坂文精肉店」は、公園から徒歩2分。

どこか懐かしさを感じる素朴な温泉街です。

www.tochinavi.net


むすびの湯・かわじいの湯

住所:日光市川治温泉高原45番地(川治ふれあい公園内)

アクセス:川治湯元駅下車 徒歩15分

電話:0288-77-2052 (鬼怒川・川治観光協会)

営業時間:9:00~21:00

川治ふれあい公園|Google マップ


▽川治温泉の足湯については、以下の記事で詳しくご紹介しています。  

www.bu-kirin.com


スポンサーリンク

 

  

自然の中、あふれる開放感。湯西川温泉の足湯

湯西川 水の郷の足湯

湯西川(ゆにしがわ)温泉は、壇ノ浦の戦いで破れた平家落人が 隠れ住んだと伝えられる、歴史の古い温泉です。

標高700m以上の山奥にあるため 真夏でも過ごしやすく、冬は一面 銀世界。

温泉郷の入り口にある「道の駅 湯西川」と「湯西川 水の郷」には、源泉かけ流しの足湯があります。
 

道の駅 湯西川

道の駅湯西川の足湯

野岩鉄道「湯西川温泉駅」に直結している「道の駅 湯西川」。

施設正面にある足湯は、観光客の憩いの場となっています。

旅の途中に ほっと一息。

足湯につかりながらソフトクリームを食べると、自然と笑顔になれます。

 

道の駅湯西川の直売 しいたけ盛り放題

地元野菜の直売には 季節の山菜・きのこも並びます。

食堂では2種類のダムカレー(川治ダム、湯西川ダム)が味わえ、鹿肉コロッケ、手打ち蕎麦も美味しいです。

私は「ゆば入り鴨せいろそば」が好きです。
 

道の駅 湯西川

2階には大浴場があるので、日帰り入浴もできますよ。 

道の駅 湯西川 

住所:栃木県日光市西川478-1

アクセス:湯西川温泉駅となり

電話:0288-78-1222

営業時間:9~ 17時(足湯)

駐車場・トイレ・公衆電話は、24時間利用できます。

公式サイト:道の駅 湯西川

道の駅 湯西川|Google マップ

 

湯西川 水の郷

湯西川 水の郷の足湯

「道の駅 湯西川」から車で15分、湯西川沿いにある「湯西川 水の郷」。 

爽やかな空気の中、足湯は年中無休いつでも入れます。 
 

湯西川 水の郷で見た空と山

流れる雲を見ながら足湯でのんびり。

やわらかい温泉と四季折々の風景に、ほっと癒されます。 
 

湯西川 水の郷の売店

売店には山里ならではの品々が並び、まるで昔話の世界にタイムスリップしたようです。 

食堂では、手打ち蕎麦と郷土料理「ばんだい餅」が人気。 

田舎料理におなかも心も満たされます。

湯西川 水の郷

「道の駅 湯西川」が混雑しているときでも「湯西川 水の郷」は比較的空いていることが多い穴場スポット。

大浴場と露天風呂があるので、日帰り入浴も楽しめます。

段差が少ないため、高齢の両親と幼い姪っ子たちもお気に入りです。

ただし、施設の営業時間外はトイレが使えないので、ご注意ください。 

 

湯西川 水の郷 

住所:栃木県日光市湯西川473-1

アクセス:湯西川温泉駅よりバス約20分 水の郷観光センター前バス停下車

電話:0288-98-0260

営業時間

5〜11月 8〜16時(温泉9〜19時 食堂11〜15時)
12〜4月 10〜15時(温泉10〜18時 食堂11〜15時)

定休日:水曜日(夏季無休)

公式サイト:湯西川 水の郷

湯西川 水の郷|Google マップ


▽湯西川温泉の足湯については、以下の記事で詳しくご紹介しています。  

www.bu-kirin.com

 

まとめ(鬼怒川・川治・湯西川温泉の足湯)

鬼怒川温泉駅前の足湯 鬼怒太の湯

今回は栃木県日光市にある「鬼怒川温泉・川治温泉・湯西川温泉の無料の足湯」について書きました。

・3つの温泉の泉質は、肌にやさしいアルカリ性単純温泉。

・鬼怒川温泉は駅前に「鬼怒太の湯」、くろがね橋のたもとに「鬼怒子の湯」

・川治温泉は川治ふれあい公園に「むすびの湯」「かわじいの湯」

・湯西川温泉は「道の駅 湯西川」「湯西川 水の郷」に足湯と大浴場があります。

・足湯には足拭きマットなどがないので、タオルを持参してください。 


やわらかな温泉に足をつけると、心も体もすっきりぽかぽか。 

無料の足湯で、気軽に温泉を楽しんでみませんか。