ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【カメラ初心者】シャッタースピードを変えて雨を撮る【PowerShot G7 X Mark II】

雨と植物 シャッタースピード1/200秒

シャッタースピードで雨の姿が変わります。

 
Canonの高級コンパクトデジタルカメラ PowerShot G7 X MarkIIを買って8ヶ月。

スマホよりキレイな画像が簡単に撮れるため、以前より様々なものに対して「撮りたい!」と思うようになりました。

最近は被写体としての「雨」に興味を持っています。

雨にはどんな撮り方があるのでしょうか。

雨の撮影について調べ、シャッタースピードによって写り方が変わる雨を楽しみました。

※画像はすべてJPEG撮影です。 Pixlr Editorで加工したため画質が劣化しています。


スポンサーリンク

 


目次 

 

高速シャッターで雨粒の形を撮る 

雨のなかベランダへ出ると、ポタポタと落ちる雨だれに目が行きました。

軒先から落ちる雨粒

雨を丸いしずくの形で撮ってみたいけれど、どうすれば?

そこで『Canon PowerShot G基本&応用撮影ガイド』佐藤かな子/著 ナイスク/著を参考に、初めてシャッタースピード優先モード(Tv)で撮影することにしました。 

シャッタースピード優先モードで撮影するときはモードダイヤルをTvに

シャッタースピード優先モードで撮るときは、モードダイヤルを「Tv」に合わせます。

「Tv:シャッター優先AE」は撮影者がシャッタースピードを変更すると、標準露出になるようにカメラが絞り数値を自動的に決めてくれる

目安として、1/1000秒以上が高速シャッター、1/25~1/250秒前後が中速シャッター、1/25秒以下は低速シャッターと呼ぶ。

それぞれ動く被写体を「しっかり止める/自然な感じに止める/ぶらす/思い切りぶらす」などの表現で撮影できる。

『Canon PowerShot G基本&応用撮影ガイド』佐藤かな子/著 ナイスク/著P.68より引用


以上を踏まえ、1/1000秒で雨粒の動きを止めて連写してみました。

落ちる雨粒と植物 1/1000秒

落ちる雨粒と植物 1/1000秒

落ちる雨粒と植物 1/1000秒

1/1000秒・F3.2・低速連続撮影。

高速シャッターで、落ちる雨だれを丸いしずくの形に写すことができました。

雨粒の形と位置がコロコロと変わって楽しいです。


上の写真を撮影したあと、こんな風に撮ってみたい!と思う雨の写真を見つけました。

ptl.imagegateway.net

種清豊さん撮影の、軒先から落ちてくるしずくの様子。

土砂降りのなか「1/640・F5.6・-2/3補正・ISO800・WB太陽光」で撮られたそうです。

雨粒の表情が豊かで躍動感があります。

雨の日に撮影のチャンスが巡ってきたら、次はこちらの写真を参考に撮ってみたいです。
 

低速シャッターで雨を線の形で撮る

雨に濡れる植物を「絞り優先モード(Av)」で撮影したところ、偶然、雨が線の形で写りました。  

雨と植物 シャッタースピード1/200秒

1/200 F3.2

雨と植物 シャッタースピード1/200秒

1/200 F2.8

もう少し長い線で浮世絵の雨のように撮れたら、さらに面白そうです。

東海道五十三次 (保永堂版) 土山 春之雨 歌川広重

ここまで長くなくてもいいですが。

シャッター速度をどのくらいに設定したら、雨が程よい長さの線で写るのでしょうか。

www.kitamura.jp

上の「降り注ぐ雨を細い針のように撮ってみよう」という記事には、シャッタースピードを含め3つの撮影条件が書かれています。

  • 望遠レンズを用意
  • 1/125秒以下の低速シャッターで撮る
  • 暗い背景を選ぶ


降っている雨をそれなりの大きさに写すには 望遠レンズが必要で、「できれば200ミリクラスをカバーするレンズがあればベスト」。

また、雨の軌跡を撮るには「シャッター速度は1/125以下の低速シャッター」が向いているそうです。

雨粒は背景が明るいと写らないため、背景が暗い場所を選択。


また、雨を線の形でとらえた写真をいくつか見たのですが、「シャッタースピード1/40~1/80秒」だと、見た目に近いイメージで雨の軌跡が撮れるように感じました。

次は1/60秒前後で撮ってみよう。

低速シャッターはぶれやすいので、しっかりカメラをホールドするか、三脚を使おうと思います。

まとめ:シャッタースピードを変えて雨を撮る 

雨と植物 シャッタースピード1/200秒 F3.2

雨はシャッタースピードでとらえる形が変わります。

 
<高速シャッター>

  • 落ちる雨粒の動きを止め、丸いしずくの形で写す
  • 私は1/1000秒で撮影しましたが、1/640秒でもOK


<低速シャッター>

  • 雨の軌跡を線の形で写す
  • 見た目に近いイメージで雨をとらえるなら1/40~1/80秒


シャッタースピードで雨の姿が変わることを、とても面白く感じました。

カメラを濡らさないよう気をつけながら、これからも雨の撮影を楽しもうと思います。


▽私が使っているカメラです。 


▽こちらの本でカメラの使い方、撮影テクニックなどを学んでいます。


▽玉ボケの撮影練習をしています。 

www.bu-kirin.com


▽カメラの保管、手入れについて書きました。

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com