ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

夏の紅葉狩り?モミジは実も赤くなる

赤くなったモミジの実(種) 7月

7月中旬、標高740mの温泉宿でモミジの実(種)を見つけました。


秋になると鮮やかに紅葉することで有名なモミジ。

春から夏にかけて、青いモミジにはブーメランのような実がついています。

庭で涼みながら、ちょっと不思議なモミジの実を観察しました。


スポンサーリンク

 


目次 

 

モミジの実について

モミジの実(種) 7月

モミジは春に花が咲き、5月から秋にかけて実を付けます。

モミジの実はプロペラ状の翼がある翼果(よくか)で、茶色く熟すとその翼で風に乗り、ヘリコプターのようにクルクルと回転しながら落ちていきます。

種は2つのふくらみの中にあります。

実の付き方によるモミジの見分け方


日本で見られるモミジの主な種類は、イロハモミジ・ヤマモミジ・オオモミジの3つに分けられます。

この3つは葉と実の形が微妙に違いますが、実の付き方でも見分けることができます。

イロハモミジの実(種)

イロハモミジは、葉の上に飛び出すように実が付きます。

葉の下にぶら下がるように付くモミジの実

ヤマモミジとオオモミジは、葉の下にぶら下がるように実が付きます。
 

色が変わるモミジの実 


モミジの実は葉と同じく、赤く色づきます。

宿泊した宿の庭には複数の種類のモミジが植えられているだけではなく、光の当たり方など個体差があるため、2日間の観察だけでも色の変化を見ることができました。

モミジの実(種) 7月

白く透き通るような実。

葉と茎が青々としています。

モミジの実(種) 7月

ほんのり赤く色づいた実。

モミジの実は、翼の先端から徐々に赤くなるようです。
 

赤く色づいたモミジの実(種)7月

実が赤くなると、茎も赤く変化します。

赤く色づいたモミジの実(種)7月

実が真っ赤になっているモミジは、葉も先端から黄色、赤と変化していました。

品種と環境によって、実と葉が色づくタイミングは異なるようですが、実 ⇒ 茎 ⇒ 葉と色づく順序はすべてに共通しているように感じました。

夏の紅葉狩り

モミジの実(種)

モミジというと秋の紅葉ばかり目が行きがちですが、瑞々しい夏の実にも趣があります。

木陰で少し足をとめ、生命力あふれるモミジの実を楽しんでみませんか。 


▽今回宿泊した湯西川温泉の宿。秋は見事な紅葉で辺りが真っ赤に染まります。