ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

収入が半分以下に減っても楽しく生活。積立投資も継続中

ブーさんとキリン

昨年までと比べ、わが家の収入は半分以下になりました。

それでも夫婦仲よく楽しく暮らし、積立投資も続けています。

 
『必要にせまられてする節約は精神的に追い込まれるから、余裕のある今から少しずつ始めよう』

結婚したばかりのころ、夫のブーさんは言いました。

それから2人でお金について学び、無理のない節約生活を送っています。

収入減でも焦らずのんびり。

今回は、わが家のお金の管理方法と節約、投資について書いていきます。


スポンサーリンク

 


目次 

 

わが家の収入


私たちは、夫が家族と経営している会社で働いています。

夫は月給制、私はパートで時給制です。

2年ほど前から徐々に仕事量が減っているのと、会社の都合により、夫の給与は半減。

私は仕事を頼まれることが少なくなって、給与収入が4分の1ほどに減りました。


「収入が半減しても楽しく暮らしている」というと、元の収入が多かったのだと思われるでしょう。

そんなことはありません。 

国税庁の民間給与実態統計調査(平成29年分)によると、40代の平均給与は以下の通り。 

年齢 平均給与 平均給与(男性) 平均給与(女性)
40〜44歳 468万円 569万円 308万円
45〜49歳 496万円 630万円 310万円


一番仕事が忙しかった時でも、私たちはこの平均給与を超えたことがありません。

たまにIPO投資などで臨時収入があったり、ブログ運営でおこづかい程度の収入もありますが、平均には程遠い金額です。 
 

お金の管理と勉強


私たちはお金について勉強しながら、自分たちに合った方法でお金を管理しています。
 

家計簿


収入と支出、お金の流れを把握するために家計簿は必需品。 

以前は100円ショップで買っていましたが 使い勝手が悪く、現在はルーズリーフで手作りしています。

www.bu-kirin.com

 

資産管理ノート


月に一度、すべての口座残高をチェックし、資産管理ノートにまとめています。

マネーフォワードなどのアプリを使った方が楽だと思うのですが、なぜだかしっくりこなくて、未だにアナログ管理です。 

www.bu-kirin.com

 

お金を3つに分けて管理する


収入が激減しても安心して生活と投資を続けられるように、わが家はお金を3つに分けて管理しています。

  • 生活費
  • 生活防衛資金+投資余力
  • 運用資産


「生活費」は 日々の生活に使うお金。

「生活防衛資金+投資余力」は、生活と投資を続けるためのお金。

「運用資産」はリタイア後のためのお金。


3つの比率は、一番少ない「生活費」を1とすると

生活費 : 生活防衛資金+投資余力 : 運用資産 =1:34:11(2019年9月現在)


「生活防衛資金+投資余力」を多めに用意することで、心に余裕を持って暮らせます。 

www.bu-kirin.com

 

FP資格 


税金や年金、保険など、生活していくのに必要な「お金の知識」を勉強するために、FPの資格を取得しました。

お金のしくみを知ることで「将来への不安」が減ったように感じます。 

www.bu-kirin.com

  

気楽な節約生活


我慢だけの節約は続かないので、簡単で効率よく、満足感ある節約生活を心掛けています。

生活費は月10万円以内


夫婦二人暮らしの生活費は「月10万円以内」を目安としています。

ふたりとも温泉旅行が趣味なので、年に5回程度行っていますが、オーバーすることはあまりありません。


生活費の節約ポイントは、固定費の削減です。

家族が所有するプレハブ倉庫の2階に住んでいるため、家賃はタダ。 

生活用水に井戸水を使用しているため、水道代もタダ。

たまに消毒用の塩素を買う程度です。

また、必要だと思うものしか買いませんし、買ったものは大切に無駄なく使います。 

www.bu-kirin.com

 

高還元率のクレジットカード


買い物や税金などの支払いは、できるだけクレジットカード1回払いにしています。

1回払いにすると金利手数料が不要なので、還元ポイント分お得です。 

主に利用しているクレジットカードは、年会費無料でポイント還元率の高い リクルートカード(1.2%)と 楽天カード(1%)

たまったポイントは温泉旅行と買い物に使っています。

リクルートカード

楽天カード

  

投資


投資を始めた2014年から、IPOと投資信託の積立投資を続けています。

IPO(新規公開株)


IPO(新規公開株)とは、企業が新規で市場に株式を公開(上場)することを言います。

IPO投資では上場する前に安く株を買い、上場後に売って利益を得ます。

私たちは証券口座に預けている「生活防衛資金+投資余力」で、IPOに参加。

今までに200万円以上の利益を得ました。 

www.bu-kirin.com

  

投資信託の積立投資 


老後資金を用意するため、iDeCo、つみたてNISAなどを利用して、投資信託の積立投資をしています。

現在、積立購入している投資信託は以下の通りです。

・iDeCo(夫、SBI証券):eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 

・つみたてNISA(夫、SBI証券):eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 

・つみたてNISA(私、SBI証券):eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

・セゾン投信(私):セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

・楽天証券(私):eMAXIS Slim 先進国株式インデックス


最近は、毎月の積立額と生活費の合計が収入を超えることもあり、投資余力を多めに準備して良かったと実感しています。 

www.bu-kirin.com

 

最後に


私たちは 収入に余裕があるときから節約生活を楽しんでいたので、収入が半分以下に減っても焦ることはなく、生活スタイルに変化はありません。

また、多めに用意しておいた「生活防衛資金+投資余力」のおかげで、心に余裕をもって暮らせています。

老後のための積立投資もこつこつ継続中。

これからも夫婦仲よく暮らし、いつか早期リタイアと移住の夢を叶えたいです。


▽昨年まで収入の半分以下で生活していました 

www.bu-kirin.com


▽積立投資については、こちらの本がおすすめです。