ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

災害時に備えて大容量モバイルバッテリーを買いました

モバイルバッテリーでスマホを充電

非常時でもスマホでしっかり情報収集するには、モバイルバッテリーが必要です。


台風、大雨、地震など、大きな災害が毎年のように起きています。 

避難したとき、わが家は停電への備えが不十分だと感じたので、初めてモバイルバッテリーを購入しました。


スポンサーリンク

 


目次

  

大容量で安く、安全なモバイルバッテリー

災害に備えて購入したモバイルバッテリー 12000mAh 1,200円

私たちが買ったのは 12000mAhのモバイルバッテリー。

価格はポンパレモールで 税込1,200円、送料無料でした。

▽楽天市場、Yahooショッピングでも販売しています。

型番 J32
サイズ 70×140×15.3mm
重量 約220g
バッテリー容量 12000mAh
入力 DC5V-2A(Type-C、micro)
出力 DC5V-2A(max)


安全性が保証されたPSEマーク取得製品。

飛行機への持ち込みも可能です。

iPhone、iPad、Androidの端末に充電できます。

モバイルバッテリーとスマホの大きさ比較

4.6インチのスマホと比べると ひと回り大きく、少し厚めです。 

モバイルバッテリーと同梱の充電ケーブル

同梱の充電ケーブルは約20㎝の長さ。

USB Type-A、Micro USB Type-Bの充電ケーブル

USB Type-A、Micro USB Type-Bの充電ケーブルです。

充電ランプが2つ灯った状態で届き、開封後すぐに使用できる状態でした。

モバイルバッテリーの裏面に記載されているもの

バッテリーの裏面には入出力の内訳、製造元の住所などが日本語で記載されています。

2台同時に充電可能(出力2ポート)

モバイルバッテリーで2台同時に充電可能

出力USBポートが2つあるので、同時に2つのスマホやタブレットなどを充電できます。
 

USB Type-C、micro USB でバッテリーに充電できる(入力2ポート)

モバイルバッテリーの入力ポート USB Type-C、micro USB Type-B

モバイルバッテリーを充電するための入力ポートは、「USB Type-C」「micro USB Type-B」の2種類。

入出力のポートが2つずつあると、ポート故障で充電不能になりづらく安心です。
 

バッテリー残量がわかりやすい

バッテリー残量が一目でわかる4つのランプ

バッテリー残量が一目でわかる4つのランプ。

ランプが2つ灯った状態からコンセントに繋いで充電したところ、4時間ほどでフル充電されました。
 

取扱説明書なし。ボタン1つで簡単操作


残念ながら取扱説明書は添付されていません。

操作はボタン1つで簡単です。

モバイルバッテリーのボタン

側面のボタンを1回押すと電源ON、2回で電源OFFです。
 

まとめ


いつ起こるかわからない災害に備え、初めてモバイルバッテリーを買いました。

使い始めたばかりなので耐久性はまだわかりませんが、コストパフォーマンスが高く、買ってよかったと感じています。

  • バッテリー容量 12000mAh 税込1200円、送料無料
  • 大きさはスマホとほぼ同じ
  • 入出力2ポートずつ
  • バッテリー残量がランプでわかる

災害に備えて購入したモバイルバッテリー 12000mAh 1,200円

これで安心と油断せずに、さらに備えを充実させようと思います。


▽折りたたみソーラーパネルも購入予定です

関連記事

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com