ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

不思議な体調不良の記録。強い倦怠感に悩まされました

体温計 37.0℃

5月7日に始まった体調不良についてまとめました。

 
新型コロナウイルスの感染拡大にともない、感染予防と体調管理に注意していましたが、GW明けの5月7日に突然体がだるくなりました。

それから約2週間、不思議な体調不良。

PCR検査を受けていないので、新型コロナウイルスに感染していたかはわかりません。

しかし、今後のために今回の体調不良を記録しておきます。


スポンサーリンク

 

 

体調不良の記録


5月7日~20日の症状などを、メモとツイートを元にまとめます。

ちなみに私の平熱は36℃台前半です。

 

5月7日(木)体調不良1日目 

夕食後、急に体がだるくなる。

19:15 体温36.1℃

20:10 体温36.6℃

関節・筋肉に軽い痛み。

 

5月8日(金)体調不良2日目

7:40 体温36.6℃

午前中、仕事をしていたら倦怠感が強くなり、軽く寒気もしてきたので、大事をとって午後は休む。

15:45 体温36.9℃

19:35 体温36.5℃ 

 

5月9日(土)体調不良3日目

だるさは変わらず。

体を起こしているのがしんどい。

食欲はいつも通り。

9:50 体温36.7℃


この時点で体調不良の原因として思い当たるものは4つ。

  • 風邪
  • 心因性発熱(ストレス性発熱)
  • 更年期障害
  • 新型コロナウイルス


ストレスによる発熱は20代から年に1,2回あり、1週間~10日ほど微熱が続きます。

更年期障害については、40代という年齢を考えると始まってもおかしくないかと。


14:10 体温37.0℃

18:30 体温36.9℃

21:30 体温36.6℃


午後から少し咳が出るようになり、心因性発熱と更年期障害とは違う感じ。

 

5月10日(日)体調不良4日目

8:00 体温36.6℃ 

たいした熱もないのに、どうしてこんなに体がだるいのだろう。


12:25 体温37.2℃

15:35 体温37.2℃

18:10 体温37.2℃

20:10 体温37.1℃


午後は体温が37℃を超え、下の前歯が浮いている感じ。

ほとんど一日中ベッドで横になっていた。

 

5月11日(月)体調不良5日目

8:45 体温36.9℃ 

だるくて起きていられず仕事を休む。 


12:10 体温37.0℃

17:50 体温36.9℃

19:20 体温37.0℃


食欲はいつも通り。

だるさが増すと、歯が浮く感じが強くなる。

ずっと横になっていた。

 

5月12日(火)体調不良6日目

8:10 体温36.6℃

起床と同時に頭痛。

昨日より咳が出る。

体を起こしているのがつらく、仕事を休む。


9:40 体温36.9℃

少し息苦しい。

だるく、歯が浮く感覚。


11:50 体温37.0℃

朝まで普通だった食欲がなくなる。

倦怠感がさらに強まる。

症状の悪化を感じる。

 

13:05 体温37.0℃

保健所に電話したら2コールで繋がり驚く。

症状を説明すると、近くの病院を受診するよう言われる。

名前・年齢・住所・電話番号・身近な家族などに感染者がいるか聞かれる。 

 

これまでの症状をメモにまとめ、電話連絡してから近くの病院へ。

症状をまとめたメモ


駐車場にとめた車の中で待機し、電話で医師と話をするが、実際に会って診察しないと判断できないと言われる。

ほかの患者さんや看護師さんと距離を取って診察室へ。

医師は普通の格好。

診察室の中央に透明ビニールの仕切り。

酸素飽和度99%、CT異常なし。

CT室に続く廊下は、一般の患者が通らないよう封鎖されていた。

医師によると、新型コロナウイルスに感染していても軽症の場合は風邪と同じような治療になり、最近よくニュースで取り上げられているアビガン、レムデシビルは重症患者の治療に使われるとのこと。

PCR検査は今のところ必要ないと判断された。


風邪と同じ処方で4種類1週間分の薬を出される。

病院で処方された薬

  • ムコダイン錠 500mg
  • トランサミン錠 250mg
  • カロナール錠 200
  • メジコン錠 15mg

 

 

5月13日(水)体調不良7日目

8:10 体温36.6℃

両ひざに痛み、強い倦怠感、空咳、頭痛、少し息苦しい。

股関節と手指の関節に違和感。動かしづらい。

インフルエンザで高熱が出ているときのような筋肉痛・関節痛。

薬を飲んでもだるさは改善されない。

とてもだるい。

高熱ではないのに手が熱い。(私は末端冷え性)


11:00 体温37.1℃

11:30 お腹を下す。痛みはない。

子どものころからよくお腹を下すが、痛みがないのはとても珍しい。

お腹が熱い。

 
16:50 体温37.0℃

20:00 体温36.9℃

 

5月14日(木)体調不良8日目

6:00 体温36.3℃

昨日までと比べると楽になった。

仕事中に腹痛。お腹を下す。

体がだるい。


14:50 体温36.9℃

17:30 体温37.0℃

 

5月15日(金)体調不良9日目

8:00 体温36.6℃

食欲が少し戻る。

午前中だけ仕事。

朝はとてもだるく寒気も。昼ごろ楽になる。


15:00 体温37.1℃

両足の膝と太ももに少し痛みを感じる。

横になるとだるさが落ち着く。

 


20:20 体温36.7℃ 

 

5月16日(土)体調不良10日目

9:20 体温36.9℃ 


20:00 体温36.6℃ 

1時間ほど起きていると下の前歯が浮いてくる。

ウルトラマンのカラータイマーのようだ。

 

5月17日(日)体調不良11日目

8:30 体温36.6℃ 

 

20:00 体温36.6℃ 

自宅でゆっくり過ごす。

 

5月18日(月)体調不良12日目

仕事が山場を迎えているので復帰する。(職場は自宅の下)

14:50 体温36.5℃ 

少しだるく、疲れやすくなっている。

体を起こして1時間ほど経つと前歯が浮く感じがする。

 

5月19日(火)体調不良13日目

9:00 体温36.6℃ 

17:40 体温36.9℃ 

20:00 体温36.3℃ 

仕事で疲れているはずなのに体が軽くなったと感じ、熱を測ったら平熱(36℃前半)に戻っていた。

だるくて体を動かさないでいたせいか、梨状筋症候群(坐骨神経痛)になってしまった。

左のお尻と足が痛い。

ストレッチをする。

 

5月20日(水)体調不良14日目

9:05 体温36.2℃

久しぶりに気持ちよく起きられた。

前歯が浮く感じはまだあるが、もう大丈夫だろう。

仕事。

 

ドキシン

左のお尻と足が痛いのでドキシンを飲む。

1回服用しただけで痛みが軽くなった。

(最寄りのドラッグストアにはコリホグスがなかったので、初めてドキシンを飲みました)

 

おわりに

今回の体調不良は普通の風邪かもしれません。

でも新型コロナウイルスによるものだとしたら、いつどこで感染したのか、ベッドの中で考えていました。

外食は2月初めから控えていて、買い物は週に一度。

こまめにハンドソープで手を洗い、アルコール消毒・マスクもしています。

4月初め、一緒に働いている夫の兄弟が頭痛・発熱・倦怠感で1週間ほど仕事を休んでいました。(病院へ行かず原因不明)

4月7日、夫が一日だけ空咳。

5月3日、咳をしながらヨロヨロと歩いている男性がスーパーにいたので、急いで離れました。


感染していたとしたら、幼いころから体が弱い私がこの程度の体調不良で済んだのは奇跡的だと感じています。

これからも油断せず、感染予防と体調管理を続けます。

 

関連記事

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com