ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

胃と背中が痛いので胃カメラ検査と腹部超音波検査を受けました【逆流性食道炎】

胃カメラ後の説明とネキシウムカプセル

5日ほど前から胃と背中が毎日痛みます。

特に食後。

胃薬を飲んだり、消化のいい食事を心がけたりしましたが、痛みは変わらず。

症状で検索すると逆流性食道炎のようですが、がん、胆のう炎、膵臓の病気の可能性もありそうです。

そういえば今年の3月にも同じ症状で内科へ行きましたが、検査の必要はないと胃薬を処方されただけでした。

こうなったら痛みの原因をはっきりさせよう!

初診の消化器科へ気合をいれて行きました。


目次


スポンサーリンク

 

 

3つの選択肢

今回の症状と10年前の胃カメラで胃底腺ポリープがあると言われていることから、医師には逆流性食道炎の可能性が高いと言われました。

(胃底腺ポリープは、ピロリ菌がいなく胃酸分泌が多い人によく見られるそうです)

ただやはり、膵臓などほかの病気の可能性も低いながらあるとか。


そこで、医師から3つの選択肢を提示されました。

  1. 逆流性食道炎の薬を飲んで様子を見る
  2. 胃カメラ検査
  3. 胃カメラ検査と腹部超音波検査(腹部エコー)


「長い期間、胃カメラ検査をしていない状態なので、この機会に胃の状態を確認しておくのもいいですね」

「膵臓、腎臓、肝臓、心臓などの病気でも背中が痛くなることがあります」

「超音波検査をすれば大腸以外の臓器がチェックできますよ」


胃カメラと超音波でお願いします!

勢いで、翌日に検査の予約を入れました。

超音波と胃カメラでほめられる

朝食を食べずに病院へ。

まずは腹部超音波検査です。

ベッドで横になり、お腹にゼリーを塗ってグイグイスリスリ。

肝臓、腎臓、膵臓すべて異常なし。

「お痩せになってるから膵臓もはっきり見えますよ。後ろまでキレイに見えます」

ガリガリ体型にそんなメリットがあるんですね。

ちょっとうれしい。うふふ。

「大動脈瘤もないですよ」

確認していただき、ありがとうございます。


次は胃カメラ。

10年前に鼻から胃カメラを入れたとき、鼻の麻酔だけでまったく苦しまず、あっという間に終わったので、今回も鎮静剤は使いませんでした。

検査前の準備は

  • 消泡剤を飲んで胃の中の泡を取りのぞく
  • 薬剤2種類を鼻から注入(血管収縮剤・局所麻酔薬)
  • 鼻の中に局所麻酔薬を塗ったチューブを挿入

消泡剤は飲みやすかったのですが、鼻から入れた2種類の薬剤は苦かったです。

血管収縮剤は特に苦く、「口から出すと余計に苦いので、飲めるなら飲んじゃった方がいいですよ」と、看護師さんに言われました。


さぁ本番。

いよいよ鼻から胃カメラを入れます。

「ここにモニターがあるので、興味があったら見てくださいね」

私の顔の近くにモニターを置いてくださいました。

興味津々なのでじっくり見ますよ。


「鼻の中、狭いですね……」と先生は言いますが、看護師さんは後ろから頭を押さえていますし、もう後戻りできません。

痛くも苦しくもないからドンドン行け!と心の中で訴えました。


「ゴクンとツバを飲み込んでください」

「上手ですね~。一番狭くて大変なところを通過しましたよ」

まさか胃カメラでほめられるとは。


「大きく息を吸って止めてください」

「逆流性食道炎ですね。このギザギザに見えるところがそうです」

逆流性食道炎の胃カメラ画像
逆流性食道炎の胃カメラ画像

あぁ、ネットで見たのと同じです。

重症ではなさそう。

(右は特殊な光で照らした画像です)


「胃を見るので空気を入れますね。げっぷは我慢してください」

胃底腺ポリープの胃カメラ画像

「前に言われたそうですが、胃底腺ポリープありますね。これは気にしなくて大丈夫です」

「ピロリ菌がいなそうなキレイな胃ですね」

胃の中でもキレイと言われるのはうれしいです。


「空気を抜いて十二指腸を見ますね」

「こちらもキレイ。大丈夫です」

「はい。あとはカメラを抜いて終わりです」

やったー!逆流性食道炎で決定です。


「瀬高さん、上手ですね」「上手ですね」

先生と看護師さんからダブルでほめられちゃいました。

私って胃カメラされ上手みたいです。

胃カメラ検査自体は5分ほどで終わり、今回も苦しくありませんでした。

処方薬はプロトンポンプ阻害剤

とりあえず2週間、薬を飲んで様子を見ることになりました。

ネキシウムカプセル20mg

処方されたのは、ネキシウムカプセル20mgです。

私も夫も、胃酸分泌を抑える「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」を何度か処方されていますが、これは初めて。

1日1回1錠飲むだけなのがうれしいです。

2週間後、調子が良ければこの薬をしばらく飲み続け、まだ不調が続くようであれば漢方薬を足すそうです。

追記:2週間後の状態と薬の追加

2週間後、再び病院へ行きました。

薬を飲んで痛みはなくなりましたが、のどが詰まっているような不快感とげっぷが気になります。

そこで漢方薬を追加していただきました。

ネキシウムカプセル20mgと六君子湯

六君子湯です。

ネキシウムカプセル20mgと六君子湯の効能効果

六君子湯は胃腸の弱い人の食欲不振、消化不良、胃のもたれと痛み、悪心、嘔吐などの症状を改善し、胃腸を丈夫にする作用があるそうです。

検索すると「やせ型で顔色が悪く、疲れやすい人に向く処方」とあり、私にピッタリ。

1日3回毎食前と処方されましたが、「食前に飲むのを忘れても食後に飲めば大丈夫!効果は1割くらいしか落ちません」と先生はおっしゃっていました。

おわりに

病院に行くの面倒だな…と先のばしにしていましたが、行ったら精神的にとても楽になりました。

痛みの原因がわかってスッキリ。

先生も看護師さんもお優しいし、たくさんほめていただいて気分アゲアゲ。

毎日薬を飲んで、逆流性食道炎をしっかり治します。

関連記事

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com