ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

わが家の節約!花粉症対策~掃除・マスク・鼻炎薬・軟膏

わが家の節約花粉症対策

夫も私も花粉症。

節約が大好きな私たちは、できるだけお金をかけずに花粉症の対策をしています。

今回は、そんなわが家の 節約!花粉症対策 をご紹介します。

 

目次

  

こまめな掃除で花粉を減らす 

ダイソーのフローリングドライシート、フローリングウェットシート

スギとヒノキの花粉の時期は、お掃除シートで床掃除をすると

シートがうっすらと黄色くなります。

ということは、こまめに掃除をすれば室内の花粉が少なくなって花粉症がラクになる!

スギ花粉が飛び始める時期になると、掃除の頻度は普段の2~3倍になります。

時間を見つけては掃除シートを取り出して、ホコリがたまる場所や床を掃除。

掃除をした後は、心なしか室内の空気がスッキリします。

わが家はこの2つを愛用しています。 

  • フローリングドライシート45枚入り(ダイソー)
  • フローリングウェットシート30枚入り(ダイソー)

 

マスクはダイソーで安く買う

ダイソーのマスク30枚入り108円

ダイソーのマスク30枚入り108円を毎年まとめ買いしています。(1枚当たり3.6円)

安くてもきちんと作られているので大丈夫です。

「汚れたかも?」と思ったら、安いので気軽に新しいマスクと交換できます。


このマスクには「ふつうサイズ」「小さめサイズ」があります。

私は寒い時やノーメイクの時は「ふつうサイズ」、それ以外は「小さめサイズ」。

「ふつうサイズ」を使う時は耳にかけるゴムをしばって調整しています。

マスクの調整

ノーズワイヤーを曲げて顔にフィットさせるのも、花粉を防ぐ重要ポイントです。

 

鼻炎薬A「クニヒロ」は安くて効く

鼻炎薬A「クニヒロ」

鼻炎薬A「クニヒロ」は、私たち夫婦の必需品。

夫のブーさんは結婚前から、この薬にお世話になっています。

私は以前、この薬より有名で高価な鼻炎薬を飲んでいました。

ブーさんにすすめられ半信半疑で飲みはじめたら、手放せなくなりました。

安いのに鼻水も目のかゆみもラクになります(私たちの場合)

上の画像の薬はカインズホームで買いました。

鼻炎薬A「クニヒロ」は 外箱のデザインがたくさんあります。

▼これはすべて同じ鼻炎薬A「クニヒロ」です。

鼻炎薬A「クニヒロ」の外箱デザイン

スギ薬局とウエルシアでも、それぞれデザインが異なります。

デザインが色々あるので店頭で見つけづらいですが、

お店で一番安い鼻炎薬を探したら「クニヒロ」だったことが何度かあります。

また、デザインだけではなく店舗によって価格も異なります

わが家はカインズホームでまとめ買いすることが多いです。

(薬の効果には個人差があります。ご了承ください。)

 

肌のかゆみ(花粉症皮膚炎)には「新レスタミンコーワ軟膏」

f:id:bu_kirin:20170325143901j:plain

数年前から、花粉症の時期に肌のかゆみ・赤み・カサつきを感じるようになりました。

これは 花粉症皮膚炎 です。

色々調べて、昨年から「新レスタミンコーワ軟膏」を使い始めました。

この軟膏には、かゆみによく効く成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)が市販薬で配合可能な上限量入っています。

塗るとかゆみが治まり、赤み・カサつきも気にならなくなりました。

無香料・無着色・低刺激性。

刺激や香りがなく、やわらかく塗り広げやすいです。

(症状がひどい時には、早めに皮膚科を受診することをおすすめします。)

 

花粉は一年中飛んでいます

私は春だけでなく秋の初めにも花粉症の症状が出ます。

いつも部屋をキレイに保ち、マスクと薬を切らさないよう気をつけようと思います。