ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

絶景露天風呂との出会い あの春の川で

桜

夫のブーさんと出会った頃、ブーさんとの会話から1つの言葉を知りました。

 それは「絶景露天」

ブーさんの大好きなものは絶景露天。

湯船に入りながら、山や川、海などが見える露天風呂。

良い景色が見えるだけでなく、

湯船に入っていると自分と自然との境界線がとけてしまう露天風呂。

普段悩んでいた事が嘘のように消え、身も心もほんわかと温まります。

 

川のほとりにある露天風呂

初めてその言葉をブーさんから聞いたとき、私は病気療養中でした。

1日に7回薬を飲む毎日、生きているだけで精一杯。

そんな時ブーさんに誘われて、きれいな川のほとりにある露天風呂に行きました。

  

春

木々の若葉が芽吹いた春のはじめ、露天風呂はもえぎ色に囲まれていました。

澄みわたる川の流れ、やさしく淡い春の緑、私を包んでくれるやわらかい温泉。

病気になって8年、初めて心の底から「生きててよかった」と思いました。


「オレはこういう絶景露天が好きなんだ」

帰り道、ブーさんは教えてくれました。 

それから2年ほど療養生活は続きました。

その間「絶景露天」という言葉とともに川のほとりの露天風呂を思い出すことで、

つらい事があっても以前より楽に乗り越えることができました。

あれからブーさんといくつかの露天風呂に入りました。

それでも「絶景露天」という言葉とともに思い出すのは、

あの春の川のほとりの露天風呂です。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村