ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

中三依温泉「男鹿の湯」は私たち夫婦のお気に入り【栃木県日光市】

中三依温泉 男鹿の湯 栃木県日光市

2016年9月、応援している男鹿の湯に行ってきました。

今回で2回目です。


夫と私の趣味は温泉です。

最近のお気に入りは、栃木県日光市にある「中三依温泉 男鹿の湯」。

男鹿の湯は今年4月、約2年間の休業期間を経て、リニューアルオープンしました。


スポンサーリンク

 


目次

 

中三依温泉「男鹿の湯」クラウドファンディングに参加しました 


男鹿の湯が営業再開するまでの道のりは、大変厳しいものでした。


利用者の減少により約2年前から休業していた栃木県日光市中三依(なかみより)の温泉施設「中三依温泉 男鹿(おじか)の湯」が16日から、営業を再開することになった。

経営再建を担うのは、千葉県佐倉市から移住した水品沙紀(みずしな・さき)さん(25)。

国内外の約1000カ所の温泉を巡った愛好家で、地元自治会による公募で経営者に選ばれた水品さんは「男鹿の湯に再び灯をともし、中三依の魅力を発信する力になりたい」と話している。

 

課題は資金面。

昨秋の関東・東北豪雨による土砂流入の影響でボイラーの修理が必要になったのも経費がかさんだ要因になった。

そこでインターネットを通じ、特典と引き替えに出資を募る「クラウドファンディング」を活用し、協力を呼びかけている。

5月31日までに200万円を集めるのが目標で、11日現在で57人から計85万円の支援申し出を受けている。

引用元:毎日新聞


源泉温度が25℃の男鹿の湯は、ボイラーがないと運営できません。

それなのに、再開しようとした矢先、鬼怒川が氾濫した「関東・東北豪雨」でボイラーが故障してしまいました。

これは何としても応援したい!


私たち夫婦はパソコンやインターネット、そして流行の物にうといため、クラウドファンディングに参加するのは初めて。

おそるおそるサイトを見ました。

大雨の後の中三依の様子が載っていて、心が痛みます。

しかし水品さんと地域の方々は、困難な状況にも負けず前に進んでいます。

私たちも応援させて下さい!


初めてのクラウドファンディングにドキドキ。

少額ながら参加しました。

その後、夫は毎日のように男鹿の湯のサイトをチェックしています。

再開したばかりの男鹿の湯へ


5月と9月。

男鹿の湯の様子が気になるので、近くまで行った際に立ち寄り湯で利用しました。 

中三依温泉 男鹿の湯近くの風景 栃木県日光市2016年5月撮影

私たちが大好きな のどかな田舎。

自然にあふれる場所なのに駅がすぐ近くにあります。

そして、人がいなくて静か。
 

中三依温泉 男鹿の湯 栃木県日光市2016年9月撮影

露天風呂はなく内湯だけですが、大きな窓から見える景色に癒されます。

やわらかく優しい泉質。

湯船に入って外を眺めていると、心も体もほぐれていきます。

頭の中がほんわかしてきて幸せな気持ちでいっぱいに。

無料のマッサージチェアもあって天国です。

 

中三依温泉 男鹿の湯 BBQ場 栃木県日光市2016年9月撮影

温泉の隣にはBBQ施設もあります。 

中三依温泉 男鹿の湯 BBQ場 栃木県日光市

自分で用意しなくてもBBQが楽しめて、温泉にも入れるなんて最高ですね。

いつかここでBBQもしたいなぁ。 

中三依温泉 男鹿の湯 BBQ場の裏にある遊び場 栃木県日光市2016年9月撮影

BBQ場の裏にはちょっとした遊び場も。 

次はゆっくりのんびりと


5月と9月、どちらも時間がなかったため、温泉だけの利用でした。

次こそは手打ちのおそばを食べたり、ライブラリでのんびり本を読んだり、ぽけーっとのんびり過ごしたいです。

次はいつ行けるかな。 

中三依温泉 男鹿の湯 クラウドファンディング特典チケット

クラウドファンディングの特典でいただいたチケットを見ながら、心は男鹿の湯へ。

秘密の隠れ湯にしたくなる大好きな男鹿の湯です。

【公式】 - 日光 中三依温泉 男鹿の湯 − みよりふるさと体験村