ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

お別れの桜

桜

桜の中、親族がひとり 旅立っていきました。


「お花が好きだったからね……」

青空の下、風に吹かれてキラキラ光る桜。 

結んだままの唇にかすかな笑みを浮かべ、棺で静かに眠っていました。


色とりどりの花に囲まれて火葬炉に入り、残ったのはカサカサとした白いお骨。

小さな骨壷に納められた姿を見て、ひとつの命が消えたのだと強く実感しました。

 

満開の桜

火葬場には満開の桜。

窮屈な身体を後にして、仲間とにぎやかに お花見を楽しんだことでしょう。 


 

寝室の窓から見た桜

今日は、冷たい雨が降り続いています。

部屋の窓から散り始めた桜を見ていると、一連の出来事があっという間に過ぎたように感じます。

「元気に過ごせる時間は思っているより短いのよ。大切にしてね。」


伯母の言葉を思い出し、夫のブーさんと笑顔で暮らすことを第一に 毎日楽しく生きようと、改めて思いました。