ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

春のIPO とんでもない初値が付きました

f:id:bu_kirin:20170331210236j:plain

ブログに書くことを躊躇していましたが、記録として残すことにしました。

 

2017年3月25日に公開したこの記事

IPO(新規公開株)で、ユーザーローカルに当選したことをお伝えしました。


主幹事の大和証券で100株当選。

公募価格2,940円で100株購入し、294,000円。

様々な初値予想を見ると、高値にはなるが1万円以下だろうというのが多数でした。


<初値が8,000円の場合>

800,000円-294,000円=506,000円

506,000円から税金(20.315%)と手数料を引かれ、100株で約40万円の利益


おぉ。

 

初日の上限は6,770円 

3月30日上場初日の気配運用は以下の通り。

  1. 上限方向:6,770円まで(更新値幅150円・10分間隔で更新)
  2. 下限方向:2,205円まで(通常の更新値幅・3分間隔で更新)


買い注文が多数の場合

公募価格の2,940円から10分間隔で150円ずつ値が上がるというもの。

値が上がり続けた場合でも、初日の上限は6,770円。

 

上場初日の結果

3月30日の上場日に初値つかず


初日は最終的に

買い注文 613,100株
売り注文 111,400株 

売り買い差5.5倍という圧倒的買い越しで終了しました。


初日に初値が付かない可能性が高かったので、ここまでは想定の範囲内。

とは言っても、何があるかわからないのでホッとしました。


 

2日目の何時頃に初値が付く?

2日目、3月31日の気配運用は以下の通り。 

  1. 上限方向:15,580円まで(更新値幅340円・10分間隔で更新)
  2. 下限方向:5,080円まで(通常の更新値幅・3分間隔で更新)


東京証券取引所の前場(午前中の取引時間)は、9:00~11:30。

6,770円から10分間隔で340円ずつ値が上がると、11:30には11,870円になります。

初日終了時点での予想は、およそ1万円というものが多数でした。

私も午前中には初値が付くと予想


 

上場2日目

8:15頃、証券会社のホームページで確認すると合致点は100,500円あたり

やはり午前中には初値が付くな、と仕事へ。


11:00、twitterで初値をチェック。

まだ初値が付いていない・・・

 

12:00、お昼休みに初値をチェック。

まだ初値が・・・


この時点で11,870円。
100株で1,187,000円ですよ・・・。



12:43、初値12,500円(公募比4.25倍)


おぉぉぉ。

 

ユーザーローカル売却結果 

成行注文で初値売り

ユーザーローカル売却約定(大和証券)

f:id:bu_kirin:20170331195058j:plain


(12,500円-2,940円)×100株=956,000円

売却経験があまりないので、手数料の計算がよくわかりませんが

手数料 4,438円と税金20.315%が引かれ、約76万円の利益

 

NISA口座を大和証券で開設していれば非課税でしたが、仕方がない。

喜んで国民の義務を果たします。

ありがとうございました。