ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

簡単ゆず茶(ゆずジャム)レシピ 手抜きをしてもおいしくできる

手作りゆず茶(ゆずジャム)

はかりを使わず、ビンにも入れず、とことん手抜きをして「ゆず茶」を作りました。

 
知人からいただいた7コのゆず。

どうやって使おうか考えていたら、2つのことが頭に浮かびました。

  • お店で食べたゆずジャムとヨーグルトの組み合わせが、とても美味しかった。
  • 実家の母は分量をはからずにジャムを作り、タッパーで冷凍保存している。

もうこれは「ゆず茶(ゆずジャム)」を作るしかないと、レシピを検索しました。

そして見つけたのが、こちらのレシピ⇒簡単にゆず茶(ゆずジャム)

このレシピを参考に、さらに手抜きをして作ることにしました。

 

ゆず茶(ゆずジャム)の材料

ゆず 

  • ゆず 7コ
  • 砂糖 400g程度

元のレシピには「ゆず(種とヘタを取って)と砂糖が同量」と書いてありますが、

私はキッチンスケール(はかり)を持っていません。

まず自分だけ体重計に乗り、その後ゆずを持って体重計に乗ったところ「+700g」。

種とヘタを取り除くと600g程度でしょうか。

 

砂糖とゆず

私は甘さ控えめのジャムが好きです。

砂糖は1kgの袋の半分だけ手元にあったので、それを少し残す程度使いました。


分量をはからずに作っても、母のジャムはいつも美味しいです。

きっと適当でも大丈夫。


冷蔵保存もしくは長期保存される場合は

参考レシピ通り、ゆずと砂糖を同量にされることをおすすめします。

 

ゆず茶(ゆずジャム)の作り方 

1、ゆずは洗って水気をふき取る。タッパーに熱湯を入れて消毒する。

タッパーの消毒

私は自己判断で「タッパー」を使いました。

冷蔵保存・長期保存される場合は

煮沸消毒したガラス瓶を使うのがおすすめです。


2、ゆずを半分に切る。

ゆずを半分に切る


3、ボウルの上にザルを置き、手で優しくゆずを絞る。(ギューッと絞ると苦くなる)

ボウルにゆずを絞る


4、種を取りのぞいてから、ヘタを避けて薄く切る。

薄く切る

よく切れる包丁を使うと苦味がおさえられるそうです。(私はゆずの苦味も好きです)

なるべく薄く切ると出来上がりが良いらしいですが、あまり気にしませんでした。

皮が変色して硬くなっている部分は 食べにくそうなので取りのぞきました。


5、フライパンに果汁と刻んだ皮、砂糖を入れ、混ぜながら中火で煮る。

中火で煮る


6、しばらくしてアクが出てきたら取りのぞく。

アクを取りのぞく


7、白いワタの部分が透明になったら出来上がり。(12分ほど煮ました。)

出来上がり

煮上がりはゆるいですが冷めるとトロッとします。(少し煮すぎて固くなってしまいました。)

一応味見をしてみたら、甘さと酸味、ほのかな苦味がいい感じ。


8、熱いうちにタッパーへ入れ、表面にラップを密着させる。冷めたら冷凍庫へ。

熱いうちにタッパーへ入れる

解凍後は、冷蔵庫で保存して下さい。

 

ゆず茶(ゆずジャム)の楽しみ方

お湯で割って飲めば、ホッとあたたまる「ゆず茶」。

子供向けにはソーダ割り、大人は焼酎のお湯割りにも使えます。

パンやクラッカーにのせて食べても美味しいです。


私のおすすめは「ゆずヨーグルト」

ゆずヨーグルト

ゆずジャム独特のさわやかな酸味と甘さが、ヨーグルトにぴったり!

「ゆずヨーグルト」という商品があるくらいですからね。

香りの良いゆずジャムを食べるたび、幸せを感じています。