ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

玉ねぎをそうめんの薬味にすると意外においしい

新玉ねぎの粗みじん切り

新玉ねぎをそうめんと一緒にいただきました。

 
夫のブーさんは、お昼にそうめんを食べるのが最近のお気に入り。

しかし遺伝的な高脂血症なので、食事には注意が必要です。

糖質たっぷりのそうめんを食べるときは、食物繊維を一緒にとってもらいたい!

できるだけ健康によい食材で。

おいしくて体に良い薬味はないかと探していたら「玉ねぎをそうめんの薬味にするとおいしい」と書かれたサイトを発見。

それも、新玉ねぎは辛味がひかえめでピッタリだとか。

さっそく試してみましょう。 

 

新玉ねぎをそうめんの薬味に使う


新玉ねぎを大きめのみじん切りにします。(細かくなり過ぎないようザクザク)

今回は大きめの新玉ねぎの半分を使いました。

あとは、めんつゆに入れるだけ。

玉ねぎ・あげ玉・いりごまをめんつゆに入れました

「あげ玉」と「いりごま」もプラス。

ブーさんは「おいしいね!」と玉ねぎを追加してくれました。

予想以上のおいしさに私もビックリ。


しかし、大きめの玉ねぎ半分は2人で食べるには多すぎました。

中ぐらいの大きさだったら半分で良さそうです。

余ったみじん切り玉ねぎは、卵と一緒に炒めて夕食に出しました。

おいしくて健康に良い、そして簡単。

わが家では「そうめんに玉ねぎ」が定番になりそうです。 

 

玉ねぎの切り方を変えてめんつゆに浸したら、さらにおいしくなりました

2017.7.22追記

半分に切った玉ねぎをさらに横半分に切って、それから縦に薄切りにすると、そうめんとよく絡んで食べやすかったです。

薄切り玉ねぎとオクラ

軽くゆでて細かく刻んだオクラと一緒に食べてみました。

玉ねぎ・オクラ・かつお節・いりごま・あげ玉をめんつゆに

玉ねぎ・オクラ・かつお節・いりごま・あげ玉。

そうめんが茹で上がるまで、すべてめんつゆに入れて置いておいたところ、玉ねぎの辛味がまろやかになって、よりおいしく食べられました。