ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

断熱カーテンライナーの効果は?気になるので試してみました

明和グラビアの断熱カーテンライナー

気になっていた「断熱カーテンライナー」を実家で試してみました。

私の実家は40年以上前に建てられたため、断熱材もペアガラスも使われていません。

それなのに大きな窓がたくさん。

とっても寒いです。


窓の下の方にエアキャップ(プチプチ)を貼っていますが、

窓からくる冷気はあいかわらず。

「断熱カーテンライナー」を使うと体感温度が変わる、と少し前に聞きました。

これを使えば実家も暖かくなる?

今回は断熱カーテンライナーとその効果をご紹介します。


スポンサーリンク

 


目次

 

明和グラビアの断熱カーテンライナーは3タイプ 

明和グラビアの断熱カーテンライナーは3タイプ
出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/meiwa/

明和グラビアの断熱カーテンライナーは

採光(クリア)採光(ホワイト)遮光(シルバー)と3タイプあります。

サイズも3種類。

  • 100cm×140cm (2枚セット)
  • 100cm×225cm (2枚セット)
  • 150cm×225cm (2枚セット)

使う部屋と窓の大きさに合わせて選ぶと良いと思います。

私は居間の窓に使うので採光(ホワイト)を選びました。

 

断熱カーテンライナーの取り付け方法 

断熱カーテンライナーの取り付け方法

付属のSカンを使い、上記1と2の方法で取り付けました。

実家のカーテンフックは図のようなものではなく、プラスチック製のものなので、

引っ掛ける場所が例2より上の方になりました。

実家の取り付け方法

 

採光タイプ(ホワイト)は部屋が明るくなる 

一度レースのカーテンを外し、

カーテンライナー(ホワイト)と普通のカーテンだけにしてみたところ、

眩しいと感じるほど明るい状態になりました。

ホワイトは光が拡散されるようです。


程よい明るさにするため、

カーテンライナーの内側にレースのカーテンを掛け直しました。

カーテンライナーの内側にレースのカーテン

 

窓からの冷気を防ぐポイント 

窓で冷やされた空気は重く

カーテンと床の間の隙間から冷気が通り、床に広がります。

冬には天井付近と足元の温度差が5度以上になることも。

カーテンライナーを床に15cmほど垂らして窓からの冷気を防ぐ

塩化ビニル樹脂製のカーテンライナーを床に15cmほど垂らしました。

これで窓からの冷気を防げるでしょうか。

断熱カーテンライナーを使用した母の感想は

「今まで、窓の近くは冷たい空気の流れを感じていたのに、

部屋の中の温度が均一な感じであったかい」

母は予想以上の暖かさに驚いていました。 

確かに、窓の近くに居てもヒヤッとしません。

床に断熱材が入っていないので、夜になると少し足元は冷えました。

それでも窓からの冷気が感じない分、体感温度が上がり過ごしやすかったです。

また、強風が吹いても隙間風を感じなくなりました。
 

断熱カーテンライナーは夏も活躍! 

冬場の寒風対策だけでなく、夏場の冷房効率UPにも役立つようです。

採光(クリア・ホワイト)はUVカット率90%、透過率90%。

遮光(シルバー)はUVカット率95%、遮光率85%。

窓からの冷気だけでなく、熱気の侵入も防いでくれるとは嬉しいですね。


自宅でも使いたいです。

▼窓の断熱にはこちらの商品も効果があります。