ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

断熱カーテンライナーの効果

f:id:bu_kirin:20161224144240j:plain

気になっていた「断熱カーテンライナー」を実家で試してみました。


私の実家は40年以上前に建てられたため、断熱材もペアガラスも使われていません。

それなのに大きな窓がたくさん。

とっても寒いです。


窓の下の方にエアキャップ(プチプチ)を貼っていますが、

窓からくる冷気はあいかわらず。


またエアキャップを窓に貼ると開け閉めができなくなりますし、

貼ったり剥がしたりの作業が高齢の両親は大変そう。


ある方がブログで「断熱カーテンライナー」を使うと体感温度が変わる、と

書いていらっしゃいました。

これを使えば実家も少しは暖かい家になるかも・・・

両親の健康と灯油代の節約のため、実家に導入です。

 

目次

 

断熱カーテンライナーは3タイプ 

採光(クリア)・採光(ホワイト)・遮光(シルバー)と3タイプあります。

サイズも3種類。

  • 100cm×140cm (2枚セット)
  • 100cm×225cm (2枚セット)
  • 150cm×225cm (2枚セット)

使う部屋と窓の大きさに合わせて選ぶと良いと思います。

自宅の近所のホームセンターには採光(ホワイト)しか置いていませんでした。

居間の窓に使うのでちょうど良かったです。

 

取り付け方法 

f:id:bu_kirin:20170423093631j:plain

付属のSカンを使い、上記1と2の方法で取り付けました。

実家のカーテンフックは図のようなものではなく、

形の異なるプラスチック製のものなので、

引っ掛ける場所が例2より上の方になりました。

f:id:bu_kirin:20161225154017j:plain

 

ホワイトは部屋が明るくなる 

一度レースのカーテンを外し、

カーテンライナー(ホワイト)と普通のカーテンだけにしてみたところ、

眩しいと感じるほど明るい状態に。

ホワイトは光が拡散されるようです。


程よい明るさにするため、

カーテンライナーの内側にレースのカーテンを掛け直しました。

f:id:bu_kirin:20161225154851j:plain

 

床に垂らすのがポイント 

窓で冷やされた空気は重く、

カーテンと床の間に隙間があると冷気がそこを通って床に広がります。

冬には天井付近と足元の温度差が5度以上になることも。

f:id:bu_kirin:20161227225632j:plain

塩化ビニル樹脂製のカーテンライナーを床に15cmほど垂らしました。

これで窓からの冷気を防げるかな。

母の感想は 

「今までは夜になると、窓の近くは冷たい空気の流れを感じていたのに、

部屋の中の温度が均一な感じだよ」


確かに、窓の近くに居てもヒヤッとしません。

床に断熱材が入っていないので、夜になるとやはり足元は冷えました。

それでも窓からの冷気が感じない分、体感温度が上がり過ごしやすかったです。

また、強風が吹いても隙間風を感じなくなりました。

 

夏も活躍!? 

冬場の寒風対策だけでなく、夏場の冷房効率UPにも役立つようです。

採光(クリア・ホワイト)はUVカット率90%、透過率90%。

遮光(シルバー)はUVカット率95%、遮光率85%。

窓からの冷気だけでなく、熱気の侵入も防いでくれるとは嬉しい。


自宅でも使ってみようかな。