ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【夏休み工作】万華鏡の作り方 布でデコレーション

f:id:bu_kirin:20170720084439j:plain

万華鏡づくり」は夏休みの自由研究・工作にピッタリ。

お気に入りの布を使って、世界に1つだけの万華鏡を作ってみませんか。


「万華鏡の基本の作り方」は、前回の記事にまとめました。  


今回は、「布を貼る万華鏡の作り方」を書いていきます。



目次

 

用意するもの

f:id:bu_kirin:20170718123241j:plain  

  • 万華鏡キット
    (100円ショップ・ホームセンター・ネットショップなどで販売しています)
  • 筒に貼る布・リボンなど
  • 布用両面テープ
  • 強力タイプのスティックのり(手芸用ボンド・木工用ボンドでもOK)
  • 裁ちばさみ
  • じょうぎ・えんぴつ


布は新しい生地はもちろん、着れなくなった洋服・使わなくなったハンカチなど、
お気に入りだけど使えなくなった布製品もリサイクルして使えます。

今回使用した布(ピンク・青)は、どちらも使わなくなったハンカチです。

 

作る前の準備

・作業をするテーブルなどが汚れないように、大きめの紙をしきましょう。

・布が汚れてしまうので、手をきれいに洗ってから作りましょう。

・布にアイロンをかけておくと、きれいに仕上がります。(やけどに注意)

・布がうすく、筒の色がすけて見えるのが気になる場合は、先に筒を絵の具などで塗っておきます。(今回は2本とも絵の具で塗りました)

 

作り方

1、筒に入れる三角の鏡を作る。

こちらを参考にして下さい。

夏休みの自由研究に「万華鏡づくり」 元工作教室講師おすすめです

ポイントは「すき間をふさぐ」です。

 

2、筒の大きさに合わせて布を切る

ピンクの万華鏡はダイソーの万華鏡キットを使いました。

f:id:bu_kirin:20170718164655j:plain

このキットには筒に貼る「化粧紙(花柄)」が入っています。

うすい布を使う場合は、化粧紙に合わせて布を切ってください


厚みのある布を使う場合、
または筒の両端につけるキャップがきついキットの場合は、
キャップをさけて布を貼るようにしましょう。

f:id:bu_kirin:20170718165302j:plain


青い布を貼った万華鏡のキットはキャップが大変きつかったので、
キャップにかからないように布を貼りました。

f:id:bu_kirin:20170719094853j:plain

 

 

巻き終わりに2cmのりしろを付けた型紙を作り、布を切ります。 

f:id:bu_kirin:20170718210051j:plain 

 

布を貼らない筒の端は、
ペンや絵の具などで先に色をぬっておくと仕上がりがきれいになります。

※型紙のくわしい作り方はこちらの「筒を飾りつける」にあります。

夏休みの自由研究に「万華鏡づくり」 元工作教室講師おすすめです

 

3、筒に布を貼る 

f:id:bu_kirin:20170719084811j:plain

  • 強力な布用両面テープ
  • 強力タイプのスティックのり

この2つを使って筒に布を貼ります。
どちらもダイソーで買いました。

貼りはじめる前に布を筒に巻き、大きさが合っているか確認してください。 


 

まずは、筒と布に1ヶ所ずつ両面テープを貼ります

f:id:bu_kirin:20170719091248j:plain

キャップをはめる筒の端には、両面テープを貼らないようにして下さい。

厚みが増してキャップをはめにくくなります。

両面テープの「はくり紙」は、まだはがさないで下さい。

布の巻き終わりにレースがある場合は、レースには両面テープを貼らないで下さい。

 

次に筒にのりをぬります。 

f:id:bu_kirin:20170719094023j:plain

布を筒のどこまで貼るかによって、のりをぬる場所を変えてください。 

 

布を貼っていきます。 

f:id:bu_kirin:20170719100031j:plain

筒に貼った両面テープの「はくり紙」をはがして、布の巻きはじめを貼ります。

ずれないように注意して、ぐるっと1周貼りましょう。  

 

貼り終わり

f:id:bu_kirin:20170719101358j:plain

最後は、布に貼った両面テープの「はくり紙」を少しずつはがしながら貼ります

 

貼り終わりがレースの場合は

f:id:bu_kirin:20170719101634j:plain

スティックのりを使うときれいに仕上がります。

貼り終わったら、布の上から軽く押さえてしっかり貼りつけましょう

 

筒から布がはみ出している場合は

f:id:bu_kirin:20170719105319j:plain

はみ出している部分を切ってください。

これで布は貼り終わりました。

 

 

4、リボンでデコレーション

布を貼るだけでもOK。

ピンクの万華鏡は、さらにリボンを使ってかわいらしく仕上げてみました。

 

f:id:bu_kirin:20170719104649j:plain

  • ししゅうに合わせたオレンジのリボン
  • スパンコールに合わせた光沢のあるレース地
  • お祝い袋についていた白いリボン

この3つを使いました。

 

f:id:bu_kirin:20170719103853j:plain

まずは、どんな風にデコレーションするかリボンを置いてみましょう。

決まったら、リボンを必要な長さに切って貼ります。

 

f:id:bu_kirin:20170719105956j:plain

リボンが細くスティックのりでは貼りづらい時は、

手芸用ボンドや木工用ボンドなどを「つまようじ」でぬりましょう。

リボンを貼ったら、はがれないように軽く押さえてください。 

 

5、鏡とキャップをはめる

筒の中に三角の鏡を入れます。

穴の開いていないキャップに中身を入れ、中フタをかぶせてから筒にはめます。

f:id:bu_kirin:20170719112610j:plain

できあがり。 
 

 

布に合わせて中身(オブジェクト)を選ぶ 

布の色やリボンに合わせて中身を選ぶのも良いですね。

ピンクの万華鏡の中身はこちら。 

f:id:bu_kirin:20170719135050j:plain

布のデザインに合わせて「夏のお花畑」のイメージで中身を選びました。

デコレーションで使ったレース地も、小さく切って使います。

その他に、透明なボタン・アイロンビーズなど。


万華鏡で見るとこんな感じです。

f:id:bu_kirin:20170719135628j:plain

 

青い万華鏡の中身はこちら。

f:id:bu_kirin:20170719140033j:plain

布のデザインに合わせて「」のイメージで中身を選びました。

おはじき・波型に切った青い板など。 


万華鏡で見るとこんな感じ。

f:id:bu_kirin:20170719140926j:plain 

楽しく簡単に作れる、きれいな万華鏡。 

夏休みに親子で楽しんでみませんか。