ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

ルーズリーフで家計簿を手作りすると使いやすい!作り方と使い方

ルーズリーフを使った手作り家計簿

「使いやすい家計簿が見つからない」「家計簿が続かない」と悩んでいませんか。

その悩みを簡単に解決するのが ルーズリーフで作る手作り家計簿です。

手作りした家計簿はとても使いやすいので、無理なく続けることができますよ。


私は手作り家計簿を使い始めて4年目に入りました。

今回は、私のルーズリーフ家計簿の作り方と使い方をご紹介します。

1ヶ月分でルーズリーフ3ページです。


スポンサーリンク

 


目次

 

家計簿1ページ目(カレンダー、収入、その他、投資、貯蓄)

手作り家計簿の1ページ目

  • カレンダー:毎日のちょっとした出来事を書きこみます。
  • 収入、投資、貯蓄:日付・内容・金額を書きこみます。
  • その他:2ページ目以降の支出の費目、どれにも当てはまらないもの。


収入、投資、貯蓄、その他の欄は、タテに3つに分けます。

f:id:bu_kirin:20180313121800j:plain

左から日付、内容、金額を書き込みます。 

金額欄の右側には、それまでの金額を足したものを書いています。

こうすることで月末に合計を出す作業が簡単になります。  

 

家計簿2ページ目(食費、おやつ費、日用雑費)

手作り家計簿の2ページ目

  • おやつ費・日用雑費:購入した物の商品名と金額を書き込みます。
  • 食費:お店の名前と金額だけ書き込みます。


おやつ費は食べ過ぎを防止するため、日用雑費はどこでいつ買うのが一番安いのか参考にするために、購入した物ごとの金額を書いています。

食費は大体の金額がわかれば節約ができますし、面倒なのでお店ごと。

ただし、お米だけは次に買う時に参考にするため単体で金額を書いています。 

食費の書き方

 

家計簿3ページ目(医療費、娯楽外食費、オレ費、交通費、通信費、交際費)

手作り家計簿の3ページ目

3ページ目には6つの費目。

この6つは、出来るだけ詳しく書き込むようにしています。


交際費
は「誰に何を贈った」か後でわかるように細かく書きます。

オレ費は 夫のブーさんのおこづかいのようなもの。

ほとんどが缶コーヒー・ビール・タバコの3つです。


スポンサーリンク

 

 

年間決算表・年間決算累計表について

手作り家計簿の年間決算表・年間決算累計表

私は月々の家計簿のほかに、

月に1回書き込む年間決算表・年間決算累計表を作っています。

これで1年間のお金の流れがわかるようになります。


それぞれに書き込む金額は

  • 年間決算表:その月の収入・支出・投資・貯金の金額 
  • 年間決算累計表:その月までの合計額

累計表を作ると、年末にその年の合計を出すのが簡単になります。

この2つは名前が違うだけで、表の作り方は全く同じです。

 

年間決算表(累計表)の項目

年間決算表(累計表)

支出合計:生活費と税金・社会保障費を足した、その月の支出すべて

差引残高:収入から支出合計を引いた金額

貯金の中にある「税金・社会保障引当金」は、国民年金を2年前納するための積立金です。(毎月少しずつ積み立てています)

青枠の部分は、あとで項目を追加したくなった時のために空けてあります。
 

年間決算表(累計表)の使い方

年間決算表(累計表)の生活費以下を拡大したもの

年間決算表(累計表)の生活費以下を拡大しました。

合計は左寄り、内訳は右寄りで金額を書き込みます。

こうすることで合計が見やすくなります。

 

まとめ 


今回はルーズリーフで作る家計簿についてご紹介しました。

手作り家計簿は自分に合ったものができるので何といっても使いやすく、無理せず楽しく続けることができます。

ルーズリーフであなただけの家計簿を作ってみませんか。

▼ルーズリーフの定番。Amazonベストセラー1位

▼シンプルで丈夫なバインダー。金具の開閉が簡単にできます。全13色

▼こちらも人気です

書かずに貯まる! クリアファイル家計簿

1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿

テクニカルソフト てきぱき家計簿マム9