読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

チクチクするニット帽を被れるようにする

f:id:bu_kirin:20161212154800j:plain

お店で何回も触って確認したのに、チクチクして被れないニット帽。


夫のブーさんは敏感肌。
頭皮は特に敏感なので、一年中帽子を被っています。

冬はニット帽が大活躍。
問題はブーさんが被れるニット帽がなかなか売っていないこと。
お店でニット帽を見つけるたびに、肌に優しいものがないか探しています。

このニット帽、ブーさんからOKが出たので買いましたが、被っている間にチクチクしてかゆくなってしまいました。
どうしたものか・・・
節約主婦としてはこのニット帽をあきらめたくない・・・


そこで思い出したのは、私の着古したTシャツから作った自宅用ワッチキャップ。

f:id:bu_kirin:20161212160146j:plain

これをニット帽の中に縫いつけてしまおう。

重ねて大きさをチェック。

f:id:bu_kirin:20161212162309j:plain

中心を合わせると左右5cmずつくらいワッチキャップの方が大きいです。
ニット帽とTシャツの生地では「のび」が違うので、ワッチキャップを左右2cmずつ小さくしました。

このニット帽は自宅用にするので、見た目の良さよりもチクチクしないことを優先。
ニット帽よりワッチキャップを5mmほど長くしました。

f:id:bu_kirin:20161212215637j:plain


ブーさんは「ワッチキャップがもっと長いほうが良いんじゃない?」と言いましたが、それではあまりにもカッコ悪い・・・
これがギリギリの妥協点です。

見た目を考えるなら、ニット帽と似た色のワッチキャップを外から見えないように縫い付けるのが正解だと思います。


使えなくて困っていたチクチクニット帽を、お金をかけずに変身させることができました。
その上、二重になったことで手持ちの中で一番あったかい帽子に。

あったかニット帽で元気に冬を乗り越えてね、ブーさん。