ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

【夏休み工作】万華鏡の作り方 応用編 色紙デコレーション

色紙でデコレーションした万華鏡

夏休みの自由研究・工作にピッタリな「万華鏡づくり」。

万華鏡を色紙でデコレーションしてみませんか。

 

 「万華鏡の基本の作り方」は、こちらの記事にまとめました。 


今回は、「色紙を貼る万華鏡の作り方」を書いていきます。 

 

目次

 

用意するもの 

使用したダイソーのおりがみ

・万華鏡キット
(100円ショップ・ホームセンター・ネットショップなどで販売しています)

・折り紙、包装紙など

・両面テープ

・スティックのり

・はさみ、カッター

・定規、えんぴつ


厚みのある紙ですと、筒に貼りづらかったり、カッターで切りづらい時があります。

折り紙くらいの厚さの紙が作りやすいです。

今回はダイソーの折り紙を使いました。


 

作る前の準備

・作業をするテーブルなどが汚れないように、大きめの紙をしきましょう。

・紙が汚れてしまうので、手をきれいに洗ってから作りましょう。

 

作り方

1、筒に入れる三角の鏡を作る。

こちらを参考にして下さい。

夏休みの自由研究に「万華鏡づくり」 元工作教室講師おすすめです

ポイントは「すき間をふさぐ」です。

 

2、筒の大きさに合わせて紙を切る

下絵を描く紙、もしくはデコレーションの土台となる紙を、
筒の大きさに合わせて切りましょう。

ダイソーの万華鏡キット

ダイソーの万華鏡キットには、筒に貼る「化粧紙(花柄)」が入っています。

このように化粧紙が入っているキットは、化粧紙に合わせて紙を切ってください

 

筒の両端につけるキャップがきついキットの場合は、
キャップをさけて紙を貼るようにしましょう。

キャップがきついキットの場合の説明図

 

黒い万華鏡(花火)のキットはキャップが大変きつかったので、
筒のはじの方は紙を貼りませんでした。

キャップがきついキットの場合は端まで紙を紙を貼らない

 

巻き終わりに2cmのりしろを付けて、紙を切ります。

※筒に巻く紙のくわしい作り方は、こちらの「筒を飾りつける」にあります。

夏休みの自由研究に「万華鏡づくり」 元工作教室講師おすすめです


 

3、下絵を描く 

筒の大きさに合わせて切った紙に、下絵を描きましょう。

キャップと重なる所は、デコレーションで厚みが出ないようにして下さい

キャップがはまりにくくなることがあります。

こちらは花火の万華鏡の下絵。 

花火の万華鏡の下絵


こちらは海の万華鏡の下絵です。

海の万華鏡の下絵

時々筒に巻いて、どんな風に見えるか確認しながら描きましょう。

 

 

4、下絵に合わせて土台の紙を作る

下絵に合わせて折り紙や包装紙を切り、土台の紙を作ります。

花火の下絵と土台の紙

花火の下絵は折り紙のサイズよりも大きかったので、
折り紙を2枚貼りあわせて土台の紙を作りました。

 

海の土台の紙は折り紙を4色使いました。

海の下絵と土台の紙

こちらはのりしろを作り忘れてしまい、後で付け足しました。

のりしろ(2cm)を忘れないように気をつけて下さい。

 

5、下絵を土台の紙に写す 

花火の下絵の裏

下絵の裏を、濃い色の色鉛筆でぬります。

 

土台の紙を裏返して、その上に下絵の紙をのせます。

裏返した土台の紙に下絵を固定

マスキングテープで2枚の紙を固定して、下絵を赤ボールペンでなぞります

赤ボールペンを使うとなぞった所がわかりやすいです。

下絵をなぞって土台の紙に写す

土台の紙(折り紙)の裏に、下絵が写っているか時々確認してください。

この写し方は、下絵と出来上がりの左右が反対になります。

反対にしたくない時は、土台の紙(折り紙など)の表に写すようにして下さい。

 

6、土台の紙にデコレーション

「花火の万華鏡」と「海の万華鏡」 

  • 土台の紙を切り抜いて、裏に折り紙を貼る方法。
  • 土台の紙に絵を貼る方法。

この2つを、「花火の万華鏡」と「海の万華鏡」を参考に説明します。

 

・土台の紙を切り抜いて、裏に折り紙を貼る方法(花火)

まずは、折り紙で作った土台の紙を、下絵から写した線にそって切り抜きます。

土台の紙を切り抜く

 

切り抜いた土台の紙の下に折り紙を置いて、使う色を決めます。

使う色を決める

 

使う色を絵の形に合わせて切ります。

一番大きな花火に色をつけるためのパーツ

これは、上側の一番大きな花火に使った折り紙です。

最終的には外側に白を足して、中央から「白→オレンジ→黄色→白」と
4枚の折り紙を裏にのりづけしました。

残りの花火も同じように折り紙をはります。

 

土台の紙に絵を貼る方法(海)

下絵からコピー用紙に、魚の絵を写します。

魚の絵を下絵からコピー用紙にうつす

コピー用紙でなくても、何でもOK。

 

写した絵に色鉛筆で色づけします。

魚の絵に色鉛筆で色づけ

 

色づけし終わったら、切り抜いて土台の紙に貼ります。

魚の絵を切り抜いて土台の紙に貼る

残りの魚なども同じように貼っていきます。

 

7、筒に紙を貼る

できあがった紙を筒に貼りましょう。

最初に、紙の裏側と筒に1ヶ所ずつ両面テープを貼ります。

両面テープを貼るところの説明図

両面テープの「はくり紙」は、まだはがさないで下さい。

紙の上下ののりづけは、紙を貼る位置によって注意が必要です。

  • 紙とキャップが重ならないのり・両面テープのどちらでもOK
  • 紙とキャップが重なるのりを使う
    (両面テープを使うと厚みが増して、キャップがはまらなくなる時があります。)


筒に貼った両面テープの「はくり紙」をはがして、紙の巻きはじめを貼ります 。

筒に紙を貼りはじめたところ

両面テープのはくり紙を少しずつはがしながら貼りましょう

ずれないように注意してください。

貼り終わったら紙の上から軽く押さえ、はがれないようにします。

筒に貼り終わったところ

できあがり。

 

紙に合わせて中身(オブジェクト)を選ぶ

紙のデコレーションに合わせて中身を選ぶのも良いですね。

花火の万華鏡の中身はこちら。

花火の万華鏡の中身

デコレーションに合わせて「花火」をテーマに中身を選びました。

透明なボタン・アイロンビーズ・色のついたガラス玉など。

 

万華鏡で見るとこんな感じです。

花火の万華鏡で見える像


世界に1つだけの万華鏡を、夏休みに作ってみませんか。