ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

鬼怒川温泉にある無料の足湯2つ。SLと渓谷も楽しめます(営業時間・駐車場)

鬼怒太の湯(鬼怒川温泉駅前)

鬼怒川温泉、無料の足湯。

そこには温泉だけではないプラスアルファの魅力があります。

 
鬼怒川温泉は、栃木県日光市の鬼怒川上流にあり、肌にやさしい泉質は古くから多くの人々に愛されています。

足湯は地元の方と観光客の憩いの場となっていて、SLや渓谷など、この地ならではの景色を堪能できます。

今回は「鬼怒川温泉にある無料の足湯」と「近くの駐車場」について書いていきます。


目次 


スポンサーリンク

 

  

鬼怒太の湯(鬼怒川温泉駅前)

鬼怒太の湯(鬼怒川温泉駅前)

東武鉄道「鬼怒川温泉駅」の駅前広場にある 鬼怒太の湯

温泉街と同じアルカリ性単純温泉を、足湯と手湯で気軽に楽しめます。

アルカリ性単純温泉の効能は 神経痛、筋肉痛、関節痛など。

すぐ隣には東屋の休憩所もあるので、待ち合わせや旅行プランを練るのにも便利です。 

タオルは持参してくださいね。

鬼怒川温泉駅前にある鬼怒太の像

鬼怒太の湯

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原地内

アクセス:鬼怒川温泉駅下車すぐ

電話:0288-76-4107 (日光市藤原行政センター 産業建設係)

営業時間:9:00~18:00

料金:無料

⇒ 日光市/鬼怒太の湯(きぬたのゆ)

 

目の前でSLが回る!

鬼怒川温泉駅前にあるSL大樹の転車台

駅前には、東武鉄道 鬼怒川温泉駅~下今市駅間を走る「SL大樹」の転車台があります。

SLがぐるっと回転して向きを変える転車台。

時間を合わせれば、足湯につかりながら SLが回る珍しい光景を見ることができます。

転車台の入線時刻は、10:30・13:50・17:25 の1日3回(SL運転日のみ)

SL運転日など詳しくは「東武鉄道 SL大樹公式サイト」をご覧ください。 

www.tobu.co.jp

 

おみやげ・足湯のお供に「はちや」のバウムクーヘン&ソフトクリーム 

はちやバウムいちご

鬼怒川温泉駅前にあるバウムクーヘン専門店「はちや」。

しっとりふんわり美味しいバウムクーヘンは、おみやげにぴったりです。

私はお土産に「はちやバウムいちご」をよく買います。

はちやバウムいちご

2018年バウムクーヘンランキング2位!

栃木生まれのいちご「とちおとめ」をたっぷり使っているので、口に入れた瞬間 いちごの風味がパーッと広がります。

幸せを感じるバウムクーヘンです。
 

はちやバウムソフト
出典:バウムクーヘン工房はちや

「はちやバウムソフト」 は足湯のお供にぴったり。

温泉+ソフトクリーム+バウムクーヘン、心も体も満たされます。

カップに入っているのでちょっと置くことも可能。

味は、とちおとめ・濃厚バニラ・ミックスの3種類です。

れすとらん八屋は平成31年3月31日閉店

2階の「れすとらん八屋」は閉店し、2019年7月20日、店舗の隣にスタンディング型のカフェ「はちやカフェ」がオープンしました。

hachiya-nikko.jp

 

近くの駐車場

日光市鬼怒川温泉駅前駐車場とはちや

駅前には「日光市鬼怒川温泉駅前駐車場(市営)」「TOBU PARK鬼怒川温泉駅駐車場」があります。


日光市鬼怒川温泉駅前駐車場
(時間制)普通・小型・軽自動車

30分以内 無料
始めの2時間まで 200円
2時間以降 1時間あたり 100円

・全自動駐車機器装置設置

・住所:日光市鬼怒川温泉大原1397番地

市営駐車場は「鬼怒太の湯」と「はちや」の間にあります。 

料金など変更になる場合もありますのでご注意ください。

引用元:日光市営駐車場条例 

 

TOBU PARK鬼怒川温泉駅駐車場・第2駐車場(時間制)58台・16台

平日(昼間) 8:00~19:00 100円/60分 昼間最大500円
土日祝(昼間) 8:00~19:00 200円/60分 昼間最大600円
全日(夜間) 19:00~8:00 100円/60分 夜間最大300円

・ゲート式、交通系ICカード(PASMO・Suica)での精算が可能。

・最大料金は繰り返し適用となります。

・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1390-2

道路を挟んで2つの駐車場があります。

詳しくは公式サイトでご確認ください。

TOBU PARK鬼怒川温泉駅駐車場 東武不動産


スポンサーリンク

 

 

鬼怒子の湯(くろがね橋公園内) 

鬼怒子の湯(くろがね橋公園内)

鬼怒川にかかる「くろがね橋」の東側たもとにある 鬼怒子の湯

足湯につかりながら、季節ごとに移り変わる鬼怒川渓谷の絶景を楽しめます。 

鬼怒子の湯(くろがね橋公園内)

川のせせらぎと心地よい風。

時が経つのも忘れ、のんびりゆったりリラックス。

小さな更衣室があるので、タイツなどをはいていても足湯に入れるのがうれしいです。 

タオルはご持参くださいね。 

「鬼怒太」の妹「鬼怒子」の像が目印です。

鬼怒子の像と鬼怒子の湯(くろがね橋公園内)

鬼怒子の湯

住所:栃木県日光市藤原1-15

アクセス:鬼怒川温泉駅下車 徒歩15分

電話:0288-76-4107 (日光市藤原行政センター 産業建設係)

営業時間:9:00~17:00

料金:無料 

日光市/鬼怒子の湯(きぬこのゆ)

 

渓谷を間近で感じる遊歩道

くろがね橋河川遊歩道

「鬼怒子の湯」の脇から川の近くまで行ける「くろがね橋河川遊歩道」

ゴツゴツとせり出す白い岩々と エメラルドグリーンの鬼怒川の流れを 間近で感じられます。

散策した後に足湯にゆっくりつかるのもいいですね。

www.tochigiji.or.jp

  

近くの駐車場

鬼怒子の湯と湯の街公園駐車場の周辺地図

「鬼怒子の湯」には専用駐車場が無いので、私は徒歩5分ほどの所にある「湯の街公園駐車場」を利用しています。


湯の街公園

住所:日光市鬼怒川温泉滝548-7

電話番号:0288-76-4107(日光市藤原行政センター 産業建設係)

営業時間:24時間

駐車料金:無料

トイレ:あり

日光市/湯の街公園

 

「湯の街公園駐車場」から「鬼怒子の湯」への行き方

湯の街公園駐車場の奥にある階段

「湯の街公園」の奥にある階段を鬼怒川に向かって降りていきます。

湯の街公園駐車場の奥にある階段

急な階段になっていますので足元にお気をつけください。

鬼怒子の湯とくろがね橋公園の看板

階段の下に「鬼怒子の湯」「くろがね橋公園」の看板があります。

矢印の方向へ坂を下りていきます。

まんじゅう処 おおあみ

「まんじゅう処 おおあみ」まで来たら、鬼怒川はもうすぐそこ。

足湯のお供に人気の「かりんとうまんじゅう」はいかがですか。 

まんじゅう処 おおあみ
 

くろがね橋から望む鬼怒川渓谷

鬼怒川渓谷を眺めながら、くろがね橋を渡ると……

くろがね橋と鬼怒子の湯

鬼怒子の湯に到着です。
 

まとめ(鬼怒川温泉にある無料の足湯)

鬼怒太の湯とSL大樹のレリーフ

・鬼怒川温泉には無料の足湯「鬼怒太の湯」「鬼怒子の湯」があります。

・「鬼怒太の湯」は鬼怒川温泉駅前。SL転車台近く。営業時間 9:00~18:00

・「鬼怒子の湯」は くろがね橋のたもと。更衣室あり。営業時間 9:00~17:00

・どちらの足湯もアルカリ性単純温泉。足湯と手湯を気軽に楽しめます。

・タオルはご持参ください。

回るSLと見事な渓谷。

2つそれぞれの魅力がある鬼怒川温泉の足湯で、のんびり過ごしてみませんか。


鬼怒川温泉、お気に入りの宿

私は「鬼怒川プラザホテル」の貸切露天風呂「あけび」が好きです。

自然豊かな離れの露天風呂は 穏やかに時が流れていて、心がふんわり癒されます。


花の宿 松や」は絶景露天風呂が好きな夫のおすすめ。

渓流のすぐ側にある露天風呂は開放的で、四季折々の景色を存分に味わえます。

関連記事

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com

www.bu-kirin.com