ブーさんとキリンの生活

倉庫の2階でひっそり暮らす

空と植物

倉庫のまわりに春が来た

寒い寒いと倉庫のわが家にこもってばかり。 「春は名のみの風の寒さや…」 中学で教わった早春賦を歌いながら、久しぶりに外へ出ました。

冬晴れの散歩

気持ちよく晴れた日、実家の両親と散歩に出ました。

倉庫の2階で冬眠中

意識は自然と冬眠中です。

気になる木の名前がわかる「樹木検索くん」

自宅近くの「気になる木」の名前がやっとわかりました。

雨の予感と冬の足音

仕事中、窓から空を見ると雨の気配がしました。

初冬の風景 空と植物

秋だ、秋だと楽しんでいるうちに、暦の上ではもう冬です。

カラスウリをじっくり観察しました(花、実、種)

昨年までは「かわいいなぁ」と、なんとなく見ていたカラスウリ。 今年はスマートフォンで撮影しながら、じっくりと楽しみました。

朝の光とカラスウリ

すっきりと晴れた朝。 部屋の窓から朝日の中の草木を見ていたら、もっと近くで見たくなりました。

空のおすそわけ

秋空からのプレゼントを夫のブーさんにおすそわけしました。

水たまりの青空と落葉

嵐が過ぎ、夜が明けると、足元にも青空が広がっていました。

10月の草花と空 過去と未来

朝晩とても冷えるようになり、倉庫のまわりはすっかり秋の風景です。

空と植物とカメラ

空と植物がこんなにも好きだとは、自分でも知りませんでした。

台風一過の青空

灰色の空から一転、青空と光 。

雨のやみ間 空とコスモス

気がつくと雨は上がり、薄日がさしていました。

青空と秋の花

倉庫のわが家のまわりには、秋の花が咲いています。

雨上がりの草花たち

雨上がり、青空を見つけ 外へかけ出しました。

外へ出て、ときどき頭をからっぽに

仕事の合間、スマートフォンを持って外に出ました。

倉庫のわが家に秋の訪れ

秋色に染まり始めたクズの葉。 朝晩、気温が下がるようになり、倉庫のまわりには秋の風景が広がっています。

秋空だより

情緒ある秋の雲。 自然と空を見上げることが増えています。

秋の足音

カラスウリの葉は黄色く色付き始め、空にはすじ雲が見られるようになりました。

夕陽さす倉庫の2階

夏至から3ヶ月近くたち、日の落ちる場所が少し南寄りになってきました。

空を見ている

幼い頃から、気付くと空を見ています。

9月上旬の散歩 夏と秋の間で

カラスウリの葉が輝く朝。 散歩がてらスーパーへ行きました。

秋晴れの倉庫

待ちに待った青空。 家事を済ませて倉庫の外へ。

8月の倉庫まわりと白い空

今年の8月は 白い空。

雨上がり 草花たちとひと休み

降り続いていた雨が止み、さわやかな風にあたりながらのんびり。

植物の生きる姿が好き

置かれた場所で力強く生きる植物たち。

真夏は草いきれの中で

「アライグマに気をつけてね」夫のブーさんに見送られ、私は散歩へ。

いつもの風景の新たな発見 カラスウリは夜に咲く

いつも見ているカラスウリに、不思議な花が咲きました。

きりんの散歩道

さわやかに晴れた休日。 いてもたってもいられず、青空を見ながら1時間半の散歩。